google-site-verification: google72f10b7e604cc6ea.html

鎖骨骨折 医療保険 加入 査定基準

鎖骨骨折 最短で1か月で医療保険に加入できる?

保険の見直し

 

鎖骨骨折はよく聞く骨折です。

 

骨を固定する金具を入れたら
職場に復帰しています。

 

鎖骨骨折はどの程度回復したら
医療保険に加入できるでしょうか?

 

 

鎖骨骨折とは

 

鎖骨骨折とは?

一般社団法人日本骨折治療学会https://www.jsfr.jp/
のホームページより引用させていただきました。

 

骨は胸上方の左右に一対ずつあるS字型をした骨で外観からもその存在を確認できます。
この鎖骨が折れる骨折は、全骨折中約10%を占めるほど多い骨折のひとつです。
原因はスポーツや交通事故による転倒などによって肩や腕に衝撃力を受けて折れる場合が多く、折れる瞬間にボキッ!という音を聞く人も多いようです。
症状は骨折部の痛みや腫れの他、腕を上げることができなくなります。ズレが大きいと外観からでも骨折を確認できます

 

ほとんどは
骨折部分の骨のずれを直して
固定する保存療法です。

 

交通事故などで骨が飛び出すほどになると、
金属による固定をして1日も早い就業を目指すようです。

 

あなたが鎖骨骨折をされた場合には、
どこまで治ると医療保険に加入できるのでしょうか? 

 

生命保険会社によって査定基準が違うのか調べてみました。

 

 

鎖骨骨折 査定基準

 

生命保険会社の鎖骨骨折について、査定基準を調べてみました。

 

生命保険会社 適用条件
A社

手術なし…現症:部位不担保、 完治後:引き受け可

 

手術あり…現症:部位不担保、 完治:引き受け可(固定具除去済み)または

 

部位不担保(固定具除去なし、後遺症あり)

B社

現症:部位不担保

 

既往症(固定具除去済み)…1か月以内:部位不担保、一か月超:引き受け可

 

既往症(固定具除去なし)…3年以内:部位不担保、 3年超:引き受け可

C社

治療中:引き受けしない

 

全治…手術なし:引き受け可

 

全治…手術あり(固定具除去なし)…2年以内:部位不担保、 2年超:引き受け可

 

全治…手術あり(固定具除去済み)…引き受け可

D社

完治後:引き受け可

 

完治後(固定具除去なし)…5年以内:部位不担保、 5年超:引き受け可

 

現症とは、治療中のこと。経過観察中も含みます。
完治とは、医師が完全に治ったと判断すること。
既往症とは、完治後の病気やケガをいいます。

 

<注意点>
生命保険会社はリハビリ中は完治とは認定していません

  • ボルトなどで固定した場合
  • 後遺症がある場合

には慎重な告知が必要になります。

 

多くの生命保険会社では、
完治後は待期期間なしで加入できます。

 

しかし、
固定具などの器具を挿入した場合は
部位不担保になります。

 

固定具を除去手術をした場合はA,C,D社が
すぐに無条件で医療保険に加入できそうです。

 

 

鎖骨骨折は骨折部分のずれを直して固定すれば、
日常生活に支障が少なくなる場合も多いようです

 

鎖骨骨折が治ったあなたはすぐに医療保険に加入しようとしませんか?

 

チョット待ってください。

 

鎖骨骨折 加入手続きをFPに依頼

 

鎖骨骨折をしたあなたは
どこの生命保険会社でもすぐに
医療保険に加入できるわけではありません。

 

A,C,D社がどこの生命保険会社か探し出さなければなりません。

 

あなたが生命保険会社の査定基準を
調べようとしても生命保険会社は開示してくれません。

 

生命保険会社に問い合わせをしても、
「申込をして頂けば加入の可否を判定します」
と答えるだけです。

 

あなたがA,C,D社を見つけられません。

 

それでは、
あなたはどうすればいいのでしょうか? 

 

あなたにとっては生命保険のセールスなら、
みんな同じに取り扱われると思っていませんか? 

 

生命保険のセールスは1年くらいで辞めて、
5年以上継続している人が圧倒的に少ないのです。

 

「生命保険は覚えることが多くて、
経験しないと知らないこともあります(私の経験です)」
ので、ベテランのFPに依頼したほうが良いと思います。

 

鎖骨骨折 診断書の提出が必要

 

あなたがFPに加入手続きを依頼する場合、
注意するポイントをまとめました。

  • 生命保険会社に加入の可否を確認してもらえるか?
  • 不安があれば決定後入金などの手続きをしてもらえるか?

この2点だけでも嫌がらずに引き受けてくれないなら
別のFPに依頼しましょう。

 

医師の診断書を取り寄せたり、
生命保険会社と掛け合ってくれないFPには依頼してはいけません。

 

現在は個人情報の取り扱いが厳しいので、
慣れていないセールスでは診断書をさえ取り寄せられません。

 

病院の窓口でお客さまの診断書を
依頼するのはとても大変なことです。

 

私の苦い経験から申し上げます。

 

診断書のひな形がないと、
医師は面倒くさがって書いてもらえません。

 

最終的にあなたが診断書の作成依頼をして、
書けた診断書をあなたが取り寄せることになります。

 

ベテランのFPならば、
簡単にこなしますよ。

 

 

鎖骨骨折 最短で1か月で医療保険に加入できる・まとめ

 

自宅訪問型のFPはムリ!
あなたの無料相談・予約は後回しになります。

 

理由は「加入見込みが低い」からです。
FPは「あなたが加入したら手数料が発生します」
「加入出来なかったら手数料がもらえません」

 

あなたにおすすめの方法は

  • 保険見直し本舗
  • 保険クリニック

などのショップ型店舗に行き、
無料相談して貰いましょう。

 

注意点は必ず予約してからショップに行きましょう。
あなたに持参して貰いたい資料があります。

 

それに、先客があれば相談には乗れませんからね。

 

先ずは予約して店舗に行って,
相談してみましょう。

 

 

style="display:block"
data-ad-client="ca-pub-9562754784384857"
data-ad-slot="1221674110"
data-ad-format="auto"
data-full-width-responsive="true">