google-site-verification: google72f10b7e604cc6ea.html

気管支喘息 小児喘息 医療保険 加入 査定基準

気管支喘息・小児喘息 医療保険の査定基準は?

保険の見直し

 

 

あなたが気管支ぜんそく・小児喘息で
入院歴がなければ
部位不担保にて引き受けてくれる
生命保険会社があります。

 

私が現役の2015年7月までは
あなたが加入できる生命保険会社がありました。

 

あなたは割増し保険料を支払わず、
健康体で加入出来ます。

 

 

気管支ぜんそく・小児喘息とは

 

気管支がアレルギー反応などにより炎症を起こし、
その内腔が可逆的に狭くなることにより起きる
呼吸困難を総称して気管支喘息といいます。
発作が起きていない時は、
狭窄はなく呼吸も正常です。

 

小児の場合は、
40~50%が成長とともに自然治癒するとみられていますが、
それ以外は大人になっても発作をずっと繰り返すことになり、
成人では完治の難しい疾患です。

 

気管支に慢性的な炎症がみられ、
ちょっとした刺激で敏感に反応して発作を起こします。
重症の発作では死に至る場合もあり、
日本での喘息による年間死亡者数は3000人強になります。

 

炎症を抑えるためにステロイド剤等が使用されることがありますが、
長期にわたって使用する必要があり、
薬の副作用にも警戒が必要です。

 

 

生命保険会社の引き受け基準は
どのようになっているのか調べてみます。

 

 

気管支喘息・小児喘息の査定はかなり厳しい

 

さっそく生命保険会社の
査定基準を調べてみます。

保険会社 現症 既往症
A社

0~15歳…入院歴なし…部位不担保にて引き受け
16歳~59歳…入院歴なし…部位不担保にて引き受け
60歳以上…入院歴なし…部位不担保にて引き受け

0~15歳…入院歴あり…割増保険料+部位不担保にて引き受け
16歳~59歳…入院歴あり…部位不担保にて引き受け
60歳以上…入院歴あり…割増保険料+部位不担保にて引き受け

B社 治療中…契約しない

入院歴なし…標準体で引き受けの可能性 あり
入院歴あり…? 厳しい査定

C社 契約しない

6歳以下…入院歴ありは厳しい査定
7歳~49歳…標準体で引き受けの可能性  あり
50歳以上…入院歴ありは厳しい査定

D社 特定疾病不担保にて引き受けの  可能性あり 6か月以内に発作、5年以内に入院歴あり、  喫煙…引き受け・不承諾

 

現症とは、治療中のこと。経過観察中も含みます。
完治とは、医師が完全に治ったと判断すること。
既往症とは、完治後の病気やケガをいいます。

 

査定基準はかなり厳しいですね。

 

気管支喘息・小児喘息でも加入できるには

 

現症中

 

現症中に医療保険に加入するには
部位不担保・特定疾病不担保の条件がつきます。

 

既往症

B社:入院歴なし…標準体で引き受けの可能性 あり

 

C社:7歳~49歳…標準体で引き受けの可能性  あり

 

ベテランのFPに依頼して、
B社かC社を探してもらうことが
標準体で加入できる方法です。

 

気管支喘息・小児喘息 B社C社を探せ

 

B社、C社を探せといわれても
どう探せばわかるのでしょうか?

 

生命保険会社の査定基準は
マル秘扱いで公開していません。

 

複数社を取り扱っているFPに依頼するのが
一番早くB社、C社を見つけられます。

 

あなたの場合は自分から
保険の無料相談窓口に行き
相談するのがいいと思いますよ。

 

気管支喘息・小児喘息 医療保険の査定基準・まとめ

 

私の経験からお話しすると、
気管支喘息・小児喘息の発作があった人は
通販で生命保険に加入することは難しいです。

 

発作の程度や頻度によって査定が大きく異なるので、
その詳細情報が補助資料として提出できる
FPに取り扱ってもらったほうが加入出来る可能性が増えます。

 

通販プランもFPの取り扱うプランも
保障が同じなら保険料も同じです。

 

経験豊富なFPに頼んだほうが
いざ入院して給付金を請求した時に、
支払いで揉めないように配慮してもらえると思います。

 

 

健康診断で異常があった人はFPに頼むと得!3メリット
を読んでください。
あなたの悩みが解決できますよ。

 

 

 

style="display:block"
data-ad-client="ca-pub-9562754784384857"
data-ad-slot="1221674110"
data-ad-format="auto"
data-full-width-responsive="true">