google-site-verification: google72f10b7e604cc6ea.html

コレステロール 医療保険 加入 査定基準

コレステロールが高くても医療保険に加入出来る!3ポイント

高コレステロール

 

コレステロールが高くて
保険の見直しが出来ないという人がいます。

 

コレステロール値を下げる
薬を服用している人がたくさんいます。

 

これらの人たちは、
3つのポイントをおさえれば
医療保険に加入できます。

 

さて、3つのポイントとはなにでしょう?

 

 

 

 

コレステロールの基準は?

 

そもそも、
コレステロール基準値は
どれくらいが正常範囲でしょうか?

 

私が受診している
健康診断の正常範囲は
中性脂肪 30~149㎎/dl
HDL    40~85㎎/dl
LDL    65~139㎎/dl
になっています。

 

 

中性脂肪やコレステロールが高い脂質異常症の人は、
50代男性の50%、
60代女性の33%
が、基準値を上回っています。

 

この基準通りに判定すれば、

 

50代の男性は
2人の中1人しか
医療保険に加入出来ないことになります。

 

50代男性の半分は加入出来ないかというと、
決してそうではなく、
生命保険会社の査定はゆるくなっています。

 

医療保険で健康と査定される人の
コレステロール基準値は
どのくらいなんでしょうか?

 

生命保険会社の査定基準

 

社外秘なので
データは2社ですが、

 

生命保険会社

LDL

中性脂肪

A社 199mg/dl 以下 499mg/dl 以下
B社 189mg/dl 以下 299mg/dl 以下

 

あなたの数値はどうですか?

 

 

私が受診する健康診断の基準と
2社の生命保険会社とでは
健康の基準値がずいぶん異なります。

 

健康診断で異常と指摘されても、
がっかりする必要はありません

 

生命保険会社の基準値は異なります。

 

コレステロールが高くても医療保険に加入出来る!3ポイント

 

あなたがコレステロール値が高くて
医療保険に加入できないと諦めていませんか?

 

生命保険会社の基準値はいろいろです。

 

服薬治療を始める前、
薬を服用してからでも
加入できるポイントを説明します。

 

①生命保険会社を探す

 

健康診断で異常と指摘されても
生命保険会社の健康と判断する基準値は異なります。

 

だから自己判断で
医療保険に加入出来ないと諦めないください。

 

コレステロールの検査結果をFPに伝えて
加入出来る生命保険会社、
A社かB社を探してもらいましょう。

 

あなたがホームページで
A社やB社がどこか調べようとしても
社外秘なので記載していません。

 

取扱者にしか知らせませんので
プロのFPに無料相談してください。

 

 

この基準値は
FPが取扱っている生命保険会社しか
調べることが出来ません

 

募集人(保険のセールス)でも
ベテランにしか
データを開示していません。

 

 

②治療しましょう

 

コレステロールが高くて生命保険に加入できない?

 

プロのFPに無料相談しても、
加入できる保険会社が見つからないとき
病気なんですから服薬治療を始めましょう。

 

1年くらい服薬して、
コレステロール値が下がったら
生命保険の加入を検討しましょう。

 

あなたが服薬治療を継続中でも
コレステロール値が正常範囲内
コントロールしていれば
医療保険に加入できます。

 

この場合はほかの条件も加味されます。

  • 血圧は正常範囲内か?
  • 尿酸値は高くないか?

など複数項目が検証されます。

 

複数社を扱っているFPに依頼して
加入手続きをして貰いましょう。

 

保険の見直しFPに依頼して加入した場合は
保険料が高いと思っていませんか?

 

通販で加入しても、
FPに依頼しても
保障内容が同じであれば
保険料は同額です。

 

③条件付き加入

 

健康診断で異常を指摘されていると
告知しなければなりません。

 

医療保険は、
告知書扱いなので
保険に加入が
YES/NO
どちらかです。

 

少しだけ基準値を
オーバーしても、
加入出来ません。

 

 

よく調べてみますと、
告知扱いであっても
保険料が割増でも良ければ
引き受けてくれる会社もあります。

 

リスク細分型の保険では
基準値が細かく分けてあるので
少しくらいのオーバーでも引き受けます。

 

保険料が割増の場合は、
通販では取り扱っていません

 

条件が付きそうなあなたは
ベテランのFPに加入手続きを依頼しましょう。

 

「保険料が割増になってもいいから、
保障内容が変わらない
生命保険会社を探してほしい」

と、FPに頼んでみましょう。

 

多数の保険会社を取り扱ってる
FPならばきっと見つけてくれますよ。

 

保険の見直し

 

健康診断で異常を指摘された人はショップで保険相談

 

ショップタイプのたとえば、
保険見直し本舗などの窓口に出かけて行き
保険の無料相談をすれば
加入できる生命保険会社が見つかります。

 

 

なぜショップに行って
相談したほうが良いかといえば、

 

FPはあなたが加入できる
手数料が受け取れる仕組みです。

 

ですから、
医療保険に加入見込みが難しいあなたは
無料相談の予約が取れないでしょう。

 

「無料相談ですよ」
といっても、本当は
生命保険会社から手数料がもらえるのです。

 

手数料が受け取れる条件は
あなたが保険に新規加入した時だけです。

 

どんなに相談に乗っても、
あなたに加入してもらえなければ
手数料はもらえません。

 

加入見込みが低いあなたの相談には
乗りたくない、予約が取れない理由です。

 

健康に不安のあるあなたは、
訪問型FPに依頼するのではなく、
自分から保険見直し本舗などのショップに行き
無料相談すれば加入見込みができます。

 

先ずは予約して店舗に行って,
相談してみましょう。
ショップ型保険窓口のランキング

 

私が
●●生命保険会社なら加入出来ますと教えたいですが、
医的情報は各保険会社ともマル秘情報なので、
どこの保険会社なら加入できるのか?教えられません。
退社しても守秘義務があるからです。

 

保険の見直し

 

 

 

コレステロールが高くても医療保険に加入出来る・まとめ

 

通販で加入する場合と
FPに依頼して加入する場合とで
保障内容が同じなら、保険料も同額です。

 

コレステロール値が高いあなたには
面倒でもFPに依頼して加入するのがよいです。

 

健康状態に不安のある人にとっては、
補助的資料を提出できるFPの方が
医療保険に加入できる近道です。

 

 

 

 

 

style="display:block"
data-ad-client="ca-pub-9562754784384857"
data-ad-slot="1221674110"
data-ad-format="auto"
data-full-width-responsive="true">