google-site-verification: google72f10b7e604cc6ea.html

糖尿病 医療保険 加入 査定基準

糖尿病でも医療保険に加入出来る!3つのチェックポイント

保険の見直し

 

あなたが

  • 35歳以上で
  • インスリンの使用がなく
  • 合併症もない場合に、
  • 空腹時血糖値とヘモグロビンA1cの数値が良い場合

条件付で医療保険に加入出来る会社があります。
20歳以上の人には糖尿病専門の保険会社もあります。

 

この記事を読めば、
あなたは必ず医療保険に加入出来ます。

 

 

糖尿病とは

 

実際に糖尿病と言われている人は
何人くらいいるのか調べてみました。

 

「糖尿病が強く疑われる人」は890万人、
「糖尿病の可能性を否定できない人」は1,320万人、
合計で全国に2,210万人いると推定されているそうです。
(平成19年の国民健康・栄養調査)

 

食べ過ぎやお酒の飲み過ぎ,
日頃の運動不足などの
生活習慣が大きな原因だといわれています。

 

糖尿病の怖いのは
始めのうちは、
痛みなどの自覚症状がないことです。

 

だから、
検査で血糖値が高かったり、
要治療と言われたことがあっても、
そのまま治療を受けない人が多いようです。

 

 

糖尿病のもうひとつの大きな問題は、
合併症です。

 

保険の見直し糖尿病による腎臓障害で
人工透析を始める人は、
年間1万5千人ほどもいますし、
糖尿病が原因の視覚障害の発生も
年間約3,000人もいるそうです。

 

これを踏まえて
生命保険会社の査定基準はどうなのか
調べてみました。

 

 

生命保険会社の査定基準は厳しい

 

生命保険会社の査定基準は
大変厳しいものです。

 

糖尿病の治療中の人でも、
告知をして必ず加入できる
少額短期の保険会社があります。

 

糖尿病治療中の人も
最後まで読んで下さい。

 

あなたが加入されるのを待っている
少額短期の保険会社がありますよ。

 

まずは、
一般の生命保険会社の基準を調べてみました。

 

糖尿病の査定基準

 

保険会社 内容
A社 引き受け・不承諾
B社 引き受け・不承諾
C社

・34歳以下…引き受け・不承諾
・35歳以上…空腹時血糖値
        ヘモグロビンA1c
        インスリンの使用の有無
        合併症の有無
       *総合的に検討

 

D社

・Ⅰ型糖尿病…引き受け・不承諾
・Ⅱ型糖尿病…現症中
  ・運動療法のみ(割増保険料にて引き受け可)
  ・服薬あり~50歳未満・引き受け・不承諾
         50歳以上・(割増保険料にて引き受け可)
        合併症がある場合は引き受け・不承諾

 

 

現症とは、治療中のこと。経過観察中も含みます。
完治とは、医師が完全に治ったと判断すること。
既往症とは、完治後の病気やケガをいいます。

 

各生命保険会社の査定は
大変厳しいものがありますが、
よく観察してみれば
C社の基準に適合すれば
医療保険に加入出来そうです。

 

糖尿病でも加入できる3ポイント

 

糖尿病の原因が
食べ過ぎやお酒の飲み過ぎ,
日頃の運動不足などの生活習慣だといわれています。

 

服薬治療を始める前に
食事療法や運動療法で

  1. 空腹時血糖値を下げる
  2. ヘモグロビンA1c(2~3か月前の糖尿の状態を改善する)
  3. インスリンの使用(しない)

この3ポイントをクリアー出来れば
医療保険にも無条件で加入出来ます。

 

 

服薬治療を開始した人でも
D社ならいけます。
諦めずにプロのFPに無料相談しましょう。

 

糖尿病の食事療法や運動療法で改善が見られない人

 

食事療法や運動療法で改善が見られない人は
取り敢えず加入出来る限定告知型の保険に入りましょう。

 

数値が改善したら
新しく医療保険に加入し直しましょう

 

あなたの場合は治療歴(検査値)の分かる資料を持参して
ベテランのファイナンシャルプランナーに相談しましょう。

 

補助資料がないと
条件緩和(あなたが有利な条件)の
対策が取れないからです。

 

あなたが通販で加入する場合は
補助資料などは添付が出来ません。

 

糖尿病でも加入できる緩和型や限定告知型の医療保険

 

糖尿病の持病があっても、
限定告知型や緩和型の
医療保険なら加入出来ます。 

 

 

35歳以下の若い人でも
医療保険に加入出来る会社があります。
あきらめずに以下を読んでください。      

 

 

若年者の糖尿病は少額短期生命保険会社

 

  • 若年者でも
  • 糖尿病の告知をしても

医療保険に加入できます。

 

少額短期の生命保険会社には
若年者の糖尿病患者を専門で
引き受ける少額短期の保険会社があります。

 

少額短期の生命保険会社ならば、
20歳の人でも医療保険加入することが出来ます。

 

保険料は若いうちは安いです。
理由は1年更新の保険だからです。
弱点は40歳を超えると保険料が高くなることです。

 

  • 入院日数制限が少なかったり
  • 保障額が少なかったりしますが

糖尿病患者でも
確実に医療保険に加入出来ます。

 

糖尿病が悪化して入院しても
給付金は支給されますから、
安心ですよね。

 

糖尿病でも医療保険に加入出来る・まとめ

 

あなたが健康診断で
「ヘモグロビンA1cの数値が悪い」
と、いわれても医療保険に加入出来ることがあります。

 

何故かといえば、
健康診断の糖尿病基準値と
生命保険会社の査定基準では異なるからです。

 

あなたが医療保険に加入したければ、
複数社を取り扱っているFPに
加入手続きを依頼しましょう。

 

複数社を取り扱っているFPならば、
生命保険会社の査定基準を熟知しています。

 

FPなら多くの生命保険会社の中から
あなたが加入できる保険会社を探してくれます。

 

緩和型や限定告知型の医療保険

 

複数社を取り扱っているFPに相談しても
医療保険に加入できない時は、
緩和型や限定告知型の医療保険を検討しましょう。

 

緩和型や限定告知型の医療保険に
加入できない35歳未満の若年者は、
少額短期の生命保険会社なら加入できます。

 

理由は、
糖尿病の人が加入する医療保険だからです。

 

糖尿病の疑いがあるあなたは
ショップ型の無料相談窓口に行きましょう。
必ず、加入できる生命保険会社が見つかります。

 

 

style="display:block"
data-ad-client="ca-pub-9562754784384857"
data-ad-slot="1221674110"
data-ad-format="auto"
data-full-width-responsive="true">