google-site-verification: google72f10b7e604cc6ea.html

保障額の決め方

保障額・死亡保険金の決め方

保険の見直し

生命保険に加入するときは、
死亡保険金額を決めなくてはいけません。

 

死亡保険金額を決める時に
バランスシートを作成して、
自分の資産状況を把握することが必要です。

 

子供たちが育ちあがったら、つまり
扶養義務が少なくなったら死亡保険金も小さくします。

 

~~~ 広告 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

 

「資産運用の基本」について、無料で学べるセミナーは「お金の教養講座」です。
>>お金の教養講座

 

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~


保障額の決め方記事一覧

生計を主に維持している父親などに万一のことがあった時に備えるために生命保険は必要です。けれども生命保険には勧められて加入したけれど、保険料は給料から天引きなのでこれまでほとんど見直しをせずに来てしまったという人は少なくありません。生命保険の必要保障額がどれくらいか?また現在、万一の時に備えて預貯金や債券でどの程度準備されているのか?バランスシートを作成して、しっかりと試算してみる必要があります。死...

死亡保険は、就職したとき結婚したとき子供が生まれたときに、大部分の人は加入しますあなたは生命保険に加入したままで、見直しをしたことはありませんか?生命保険のなかでも死亡保険金は保険料が高い場合が多いです。保険の掛け過ぎを見直しましょう。保険料の節約になりますよ。死亡保険金を見直すとき多くの人はお子さまが生まれる時に死亡保険金がついた保険に加入されます。お客さまに見直しをすすめても、「加入しているか...