google-site-verification: google72f10b7e604cc6ea.html

奥様 生活資金 いつまで必要 いくら必要

スポンサードリンク

奥様の生活資金はいつまで必要か?いくら必要か?

保険の見直し

 

子どもが育ちあがったら
死亡保障は必要ない! ウソ⁉

 

お子さまに対する扶養は終了しても、
奥様に対する保障(生活費)は
必要ですよね。

 

奥様の生活費は

  • いつまで必要か?
  • いくら必要か?

考えてみたいですね。

 

ここでは相続については考えないでおきますね。

 

 

奥様への保障はいつまで、いくら必要?

 

女性が世界一長生きになったからと
手放しで喜んでばかりではいられません。

 

国が保証する年金も現状維持できるかどうか?
将来は不安です。

 

女性はいくつまで長生きできるか?

 

奥様は長生きされるとしたら
いくつまで生きられるのでしょうか?

 

厚生労働省H24年「簡易生命表」によれば、
https://www.mhlw.go.jp/toukei/saikin/hw/life/life12/
平均的な女性の余命は以下になります。

現在の年齢 余命 年齢(余命後の)
50歳 37.59年 87歳
55歳 32.92年 87歳
60歳 28.33年 88歳
65歳 23.82年 88歳

 

上記の表は平均の話であって、
87歳で全員おしまいになるわけではありません。

 

87歳の女性にも余命はあります

 

87歳の女性の余命は7.83年です。

 

87歳+7.83年=94.83歳

 

つまり余裕を見て
95歳まで安心して生活ができる
お金(保障)を準備して欲しいのです。

 

 

夫として妻の生活費の保障をどう工面するか?
生命保険、預貯金、ほかに考えられる手段は…。

 

 

妻の老後資金は終身保険がピッタリ

 

95歳まで長生きする妻には
生命保険で準備するといいですね。

 

終身保険が最適です。

 

具体的に説明します。

 

 

終身保険を退職金の一部で一時払いにする方法

 

退職金は

  • リスク管理の上から、
  • 金利面から

考えて、一時払いの終身保険で
運用することを考えて下さい。

 

 

たとえば、こんなプランです。

 

一時払い終身保険
契約者
被保険者
死亡保険金受取人

 

 

利回りは

 

3年経過後を比較すれば
定期預金よりは良いです。

 

10年後で比較すれば、
低金利の現在では
一番の高利回りです。

 

夫が死亡した時は

 

夫に万一のことがあっても
死亡保険金が払われます。

 

非課税金額=500万円×相続人数は節税!

 

死亡保険金は相続財産ではありません。

 

しかし、生命保険の死亡保険金は、
残された家族の生活保障を目的とするから
一定の非課税額が設定されています。

 

 

死亡保険金の非課税金額は、
非課税金額=500万円×相続人数
で計算します。

 

死亡保険金受取人が奥様1人でも
相続人数×500万円が非課税金額です。

 

現金や預貯金ではなく、
生命保険で残すのは
相続対策に使えるからです。

 

死亡保険金はすぐに現金で受け取れる

 

死亡保険金の受け取りは、
申請書類に不備がなければ
数日で現金化できます。

 

死亡保険金の受取人が1人ならば、
受取人だけで申請ができます。

 

死亡保険金申請手続きは受取人が1人の場合、
相続手続きとは異なり相続人の同意は必要ありません

 

保険の見直し死亡保険金の受取人が複数の場合は、
代表者が全額受け取るので同意が必要です。

 

詳しくは死亡保険金受取人は手続き上、1証券ごとに1人が良いを読んでください。

 

 

 

急にお金が必要になったら

 

急にお金が必要になり、
生命保険を解約したいとセールスに頼んでも
何日も待たされると言われます。

 

私の現役の頃は、
確かに解約を頼まれて、
頑張って手続きをしても
早くて3日はかかりました。

 

ただ、
これには対処法があります

 

少しだけ利息を引かれますが、
銀行で借りるよりは手続きが簡単な
契約者貸付を利用しましょう。

 

即日入金してもらいたい時は
インターネットで契約貸し付けを受けましょう。

 

同時進行で解約手続きをしましょう。

 

解約の手続きは、
2,3日後に処理されます。

 

利息を引かれても少額です。

 

一時払い終身保険であれば、
保険の見直しお金が必要になって解約しても、
3年~4年経っていれば元本が確保されます。

 

解約返戻金で損することはありません。

 

あなたが50代ならば

 

あなたが退職前の50代ならば
短期払いの終身保険を検討します。

 

65歳払込終身保険などです。
70歳払込終身保険を利用したら、
退職時に残りの保険料を全部前納します。

 

一時払い終身保険ほどには利回りがよくありません。
低金利の現状では良い選択です。

 

 

終身保険の欠点は告知がある

 

終身保険の欠点は、
生命保険に加入するために、
診査・告知があることです。

 

体況(健康状態)によっては加入を断られることもあります。

 

無告知型の終身保険もありますが、
利回りが良くないので
利殖プランには向いていません。

 

無告知型の一時払い終身保険は
私はお勧めできません

 

体況が悪くて生命保険に加入出来なかった人には、
以下の生命保険を設計しました。

 

 

体況が悪かったら年金保険を使う

 

十分な生活資金を残せた人には関係ないことですが、
公的年金だけにしか頼れない人はどうしましょう?

 

個人年金保険なら体況が少しくらい悪くても加入できます。

 

 

夫婦二人とも体況が悪い時は

 

夫婦二人とも体況が悪い時は、
一時払い年金保険をご検討下さい。

 

年金保険は保障がほとんど無いので
加入出来る可能性が高いです。

 

外貨建ての年金保険ならば、
入院していなければ加入できます。

 

為替のリスクがありますが、
高利回りが期待できる年金保険もあります。

 

 

外貨建ての年金保険

 

米ドル建てとオーストラリアドル建ての
一時払い個人年金保険料が主流です。

 

外貨建て契約の形態

 

外貨建て個人年金保険 夫が死亡した時は変更
契約者 夫→妻
被保険者
年金受取人 夫→妻

 

夫婦ともに存命中は

 

年金は保険料を支払った夫が受け取ります。
妻が受取人の場合は贈与税が課せられます

 

詳しくは個人年金保険で贈与税が取られる契約形態がある?を読んでください。

 

夫が死亡した時は

 

夫の死亡した時期が
年金開始前か年金開始後かで、
手続きの方法が変わります。

 

年金開始前の時は

 

年金開始前の時は、

  • 契約者を夫から妻に
  • 年金受取人も夫から妻に

契約変更をします。

 

年金開始時がきたら、
妻の余命を考えて
年金受取期間を選択します。

 

年金開始後の時は

 

年金開始後に夫が死亡した時は
残りの年金を一括して受け取ります。

 

「残りの年金を一括」して受け取りですから、
死亡保険金の非課税金額は適用されません

 

まとめ

 

奥様に対する保障(生活費)は
奥様の余命までは必要ですよね。

 

共働きの夫婦であっても、
奥様が95歳までの生活資金に
不足しないように設計します。

 

奥様への老後資金は
終身保険で準備します。

 

退職時に一時払い終身保険がいいですね。

 

夫婦ともに体況が悪い場合は

 

外貨建て個人年金保険がいいですね。

 

為替リスクがあります。

 

外貨建て個人年金保険に加入する時は
複数社を取り扱っているFPに相談しましょう。