google-site-verification: google72f10b7e604cc6ea.html

健康診断 異常 FP

健康診断で異常があった人はFPに頼むと得!3メリット

保険の見直し

 

あなたが健康診断で異常を指摘されたら
医療保険には多分加入出来ないでしょう

医療保険の健康の基準値が一番厳しいからです

 

では、健康診断で異常といわれた人は全員が加入出来ないのでしょうか?

 

そんなことはありません。

 

生命保険会社ごとに加入できる基準値が異なります。
基準値を知っているFPに依頼して加入すれば簡単です。

 

これを読めば一瞬にしてあなたの悩みが解決できるでしょう。

 

 

引き受けの目安とは

告知

 

生命保険会社ごとに加入できる健康の基準値が違います。

 

たとえば血圧の数値についてですが、

日本高血圧学会※では

高血圧の基準を次のようにさだめています。

 

収縮期血圧<140かつ
拡張期血圧<90

 

引用:高血圧の話2014年11月1日発行
※日本高血圧学会https://www.jpnsh.jp/

 

 

2006年国民健康・栄養調査によれば
日本人の40歳~74歳人のうち、
男性では約6割
女性は4割、が
高血圧(140/90㎜Hg)と言われます。

 

男性の6割、女性の4割が病人?

 

みんなが病人だったら生命保険に加入できる人は限られます。
生命保険会社は売上がガタ落ちでつぶれるでしょうね?

 

そんなことはありません。

 

生命保険会社は100年以上も営業してきて、
顧客の医療データーがたくさん蓄積されています。

 

ですから、以下のような独自の加入基準があります。
A社の血圧の引き受け目安。

あなたの血圧の数値が以下の範囲にあるならば
医療保険に加入出来る会社があります。

 

45歳以下最大血圧≦160、最小血圧≦95
46歳以上最大血圧≦165、最小血圧≦99

 

標準体(普通の人)で加入出来る生命保険会社があります。

 

私が現役の時一番ゆるい血圧基準値はA社でした。

 

血圧だけが高い人はA社に加入していただきました。

 

知っているのと知らないのでは大きく異なります。

 

あなたが生命保険に加入したいと思うときは、
複数の保険会社を取り扱えるFPに依頼すると、
驚くほど簡単に加入できます。

 

 

加入できる生命保険会社を探す

 

ファイナンシャルプランナーに頼むと得!その1.

 

1番目のメリットは、FPに依頼すると、
複数の生命保険会社の中から
あなたが医療保険に加入出来る
保険会社を探してくれます

 

どこの生命保険会社でも、
査定基準※は社外秘情報なので、
あなたが調べても教えてくれません。
※査定基準≒引き受けの目安

 

ベテランのFPにならないと、細かいことは
生命保険会社の担当者も教えてくれません。

 

最近はどこの生命保険会社でも引き受けの目安はパソコンで参照できます。

 

でも、
微妙なところは生命保険会社の査定係に聞かないと分かりません。

 

新人セールスには細かいところは教えません。
「申し込みをしてください」
そうしたら、判定しますと答えるだけです。

 

実は生命保険に加入出来ない条件は、
健康状態によるだけでなく
他にも確認していることがあるからです。

 

  • 危険な職業か?
  • 収入と保障額は見合っているか?
  • 体の特徴に異常はないか?

など、いろいろがあります。

 

結論を言いますと、
どんなにベテランのFPでも
取扱生命保険会社しか査定基準は知りえません。

 

複数の生命保険会社を取り扱うベテランのFPなら
広範囲の生命保険会社の中から
あなたに有利な保険を提示できます

 

 

生命保険会社と交渉してくれる

FP

 

ファイナンシャルプランナーに頼むと得!2つ目のメリット

 

通販で加入する場合にはできません。

 

FPに依頼して加入する場合には
あなたが有利になるような交渉をして貰えます

 

たとえば、
あなたの人間ドックの資料や
主治医による治療歴や治療見込みなどの書類を
生命保険会社に提出して
加入が出来るように交渉してくれます

 

 

主治医はいろいろ情報を持っていますが、
ピンポイントで生命保険の加入と結びつく
所見書を作成してくれません。

 

病気はいつ再発するかもしれません。
主治医が意見書を作成したくない?
とくに「完治」と書きたくない気持は十分理解できます。

 

その主治医を説得して、
過不足なく所見書を作成して貰うには
ベテランセールスの経験と信頼が必要です。

 

これらのことはFPならば誰でも良い訳ではありません。

 

FPの中でも生命保険の募集人(セールス)でないと
難しい作業になります。

 

決定後入金や仮査定

 

ファイナンシャルプランナーに依頼すると得!3つ目です。

 

先ずあなたに覚えて置いて欲しいことがあります。

 

医療保険などに申し込みをすると、
あなたの健康状態などはデータ化され
全生命保険会社で閲覧が可能になります。

 

あなたが生命保険に加入出来なかった場合にも
データーが登録されて加盟保険会社で閲覧できます。

 

保険会社は保守的です。

 

なぜかというと、保険会社は
多数の人から少しの保険料を集め
1人の死亡時に支払います。

 

加入当時から病気の人がいると
他の健康な人が損をしてしまいます。

 

保険を公平に運用するためにも、
健康な人を集めるように努めています。

 

だから、生命保険会社は保守的で
他社で「お断り」された人は加入させたくないのです。

 

 

健康情報を生命保険会社のデータベースに載せない

 

申込書を提出して加入出来無かった時に、
健康情報をデータベースに載せない方法があります。

 

前述したように、通常は生命保険に加入すると、
あなたの保障額や健康情報が生命保険のデータベースにのり
どこの生命保険会社でも閲覧が可能になります。

 

このことはあなたにとってとても不利になります。

 

生命保険会社は健康な人に加入していただき、
不健康な人を排除することで
公平性を保ち成立しています。

 

 

最近は緩和型の医療保険があり、

持病がある人でも加入できます。

 

緩和型医療保険は保険料が割高です
特約も限られたものしか付けられません

 

出来る事なら普通の医療保険に普通の保険料で加入したいですよね。

 

 

保険会社が承諾してから入金する

 

ファイナンシャルプランナーに頼むとできる
「決定後入金」または「仮査定」方法は

  • 申込書
  • 告知書または医師による診査書
  • その他の書類

を提出します。

 

入金だけしないでおきます。

 

保険会社は申込一件書類に基づいて査定をします。

 

「承諾」ならば入金をします。契約は入金時点から開始されます。

 

「不承諾」「引受延期」のときは入金できません
契約不成立ですから当然ですね。
申込書などは返却されません。

 

普通の申し込み方法と異なるのは、
あなたが生命保険に加入出来なかったデーターは
いっさい登録されません。

 

この方法が健康診断で異常が指摘されたあなたには、
一番確実に生命保険に加入出来る方法です。

 

この方法は通販にはありません。

 

健康診断で異常を指摘 あなたは保険ショップで無料相談

 

健康に不安があるあなたには
FPに依頼して加入するのがおすすめです。

 

FP(ファイナンシャルプランナー)であれば誰でも良い訳ではなく、
生命保険の販売資格がある
募集人のファイナンシャルプランナーに
依頼すれば、きっと上手くゆくと思います。

 

 

ただ自宅やオフィスに訪問して
無料相談するのは無理だと思います。
相談の予約が取れないからです。

 

「FPは無料相談が何回でもできます」
と、言いますが経費は全部FPが払います。

 

あなたが保険に加入出来た時しか
生命保険会社はFPに手数料を払いません

 

あなたが加入出来なかった場合には、
その経費は全部FPの自己負担になります。

 

加入見込みの少ないあなたには、
できれば無料相談したくはありません

 

だって、損するだけだもの!

 

賢明なあなたはもうお分かりですよね。

 

健康診断で異常を指摘されたなたは
保険ショップの窓口に行って無料相談しましょう。

 

FPに無駄な出費をさせなければ、
喜んで無料相談に乗りますよ。

 

 

まとめ

 

健康診断で異常のあなたは
保険ショップで無料相談することをおすすめします。

 

予約して行けば必ず無料相談できます。

 

前もって連絡して置けば、
あなたが加入できそうな保険会社を調べて、
比較検討できるように準備して待っています。

 

あなたが最初にすることは
保険ショップに予約することです。

 

先ずは予約して店舗に行って,
プロのFPに相談してみましょう。

 

こちらも参考に
ショップ型保険の無料相談はこちら読んでください。

 

これを読めばスッキリ解決しますよ。