google-site-verification: google72f10b7e604cc6ea.html

31歳 独身女性 死亡保険

31歳の独身女性には死亡保険はいらない?本当?

保険の見直し

 

31歳の独身女性からの
保険見直し相談です。

 

私の答えは、
「終身保険に加入しましょう」
です。

 

 

31歳の独身女性には死亡保険はいらない?

 

知恵袋にありましたQ&A から引用します。

 

親しい方の病気をきっかけに、
初めて保険加入しました

 

医療保険だけの予定が、
保険の方とお話していくうちに
終身保険にも入ったほうがよいのかも…

 

という気持ちになり結局、
月々医療保険2700円、
終身保険7300円の保険に入りました。
でも…終身は必要なかったかなと少し思い始めています。

 

結婚はそのうちできたらとは思っています。

 

知恵袋の家計見直しの相談を参考にしてみたところ、
みなさん結構保険の見直しを勧められていて、
結婚後、旦那さんの保険+自分の分として
月々この保険料を払うのは厳しくなるのでは?

 

なら掛け金が少ないうちに解約か見直しをしようか…
と悩んでいます。
子育てにはお金かかりますよね?

 

終身は老後の貯蓄と葬儀代は自分で
との思いで入りましたが
貯蓄と分けて考えるべきだったかもとも思います。

 

 

知恵袋 ベストアンサーの回答

 

保険を検討されるに当たって、
必要な保障は以下のように分類されると思います。
1)自分のための死亡保障(葬儀代など)
2)残された家族のための死亡保障
3)自分のための医療保障

 

独身で病気のときの費用が不安であるなら
医療保障が最優先だと思います。

 

そう考えますと、
終身保険の保障額が大きいのでは?
と思います。

 

終身保険に今の段階で加入するメリットは
支払い総額より大きい死亡保障額が得られると言う点です。

 

今は葬儀代程度(300-500万円程度)の保障額で充分です。
浮いた保険料は貯蓄に回せば将来に役に立つと思います。

 

保険の見直し

 

30代女性はガン保険・ガン特約

 

 

私のアドバイスもほとんど同じですが、

 

どなたにもおススメしているのは、
30代女性はがんにかかりやすい年齢だから
医療保険は絶対加入してください。

 

今はがんは治る時代だから、

  • 治療費
  • 休業補償

に備えて、がん保険・がん特約には
必ず加入しましょう。

 

 

私の経験した出来事です。

 

28歳の妊婦さんが
子宮頸がんになりました。

 

3人目のお子さまの妊娠時に
産婦人科を受診して
子宮頸がんを見つけてもらいました。

 

もちろん手術して、
無事出産しました。
母子とも健康です。

 

お客様の声
パートで働いていたので、
職場復帰を半年後に予定していましたが、
1年後に変更しました。

 

妊娠中にがんの手術なんて、
とても心配でした。

 

でも、

  • 入院給付金
  • 手術給付金
  • 女性入院
  • 女性手術給付金
  • がん診断一時金
  • がん入院給付金
が、支払われると知り

金銭的に余裕ができました。

 

長めに入院が出来て、
身体も心も回復できました。

 

保険料が少し多いと思いましたが、
勧められた通り加入して良かった。

 

この方のように
妊娠中にがんが見つかる方も
珍しくはありません。

 

妊娠・出産の時期は上乗せ保障

 

妊娠・出産が
見込まれる期間だけでいいです。

 

医療保険に

  • 女性入院特約
  • がんの特約

上乗せ保障しましょう。

 

出産後に上乗せ保障の
特約は解約しましょう。

 

30代女性は
妊娠出産に伴う疾患が多いのです。
出産は病気ではないというものの
大変リスクを伴うものです。

 

 

30代女性のもう一つのリスクは

  • 乳がん
  • 子宮頸がん

などの、がんの発症が高い年齢です。

 

ぜひとも
医療保障と女性入院保障、
がん保障の上乗せ保障
準備してください。

 

保険の見直し

 

終身保障は 貯金よりい?

 

 

終身保険は長期保障だけではありません。
貯蓄機能に着目しましょう。

 

ベスト回答では

 

ですから今は葬儀代程度(300-500万円程度)
の保障額で充分です。

 

もし今加入している保障額が
大きすぎるなら部分解約して
保障額を300-500万円程度まで
減らせば保険料の負担も少なくなると思います。

 

浮いた保険料は貯蓄に回せば
将来に役に立つと思います。

 

私も独身女性の死亡保障は
葬儀代程度の終身保険で足りると思います。

 

終身保険の保険料払込期間に注目!

 

私がお勧めするプランは、
保険の見直し保険料の支払期間は10年間だけ、
10年払込の終身保険に加入を勧めます。

 

10年間保険料を支払って
2~3年間据え置きます。
それから解約しても
支払った保険料分が戻る会社
を勧めます。

 

そんな生命保険会社 ある?

 

私の現役中はありました。
取扱26社中にありました。

 

FPに依頼して調べてください。
必ず見つかりますよ!

 

12~13年間保険料を積み立てただけで、
200万円の保障が終身続くとすればいい保険でしょう。

 

保険の見直し12~13年以後は解約返戻金はm
増えるばかりで、利回りは貯金よりも良いです。

 

 

終身保険が悪いというFPは
長期間払い込む
終身保険が悪いといってるのです。

 

短期払いや
一時払いの終身保険は
貯金より良い利回り
がありますよ。

 

結婚しても
旦那さんに話しをすれば
十分理解して、
保険料を支払ってもらえます。

 

共働きなら問題なくOKですよね。

 

終身保険は18年ごに教育資金

 

15年払込の終身保険を積み立てとして、
教育資金に利用の方法を考えてみましょう。

 

終身保険のうちでも、
払込終了後に2~3年据え置くと、
支払い保険料と同額の解約返戻金になります。

 

この解約返戻金を
大学入学資金に充当します。

 

ただ、
生命保険会社は選ぶ必要がありますよ。

全部の生命保険会社が
こんなに有利な運用ではないですよ!

 

 

いつでも自分の死亡保障が200万円、
17年~18年で支払保険料と同額の解約返戻金がもらえます。

 

その間の利息で保障を買ったのと同じです。

 

18年以降は、
解約しても損がありません。

 

そのまま放っておけば
終身保険200万円が継続します。

 

学資保険のかわりに終身保険

 

お子さまが出来たら
学資保険に加入する予定がある人は、
母親の終身保険に加入しましょう。

 

終身保険にお母さんが加入して、
お母さんの保障、
満額戻る貯蓄
と考えることが出来ます。

 

 

結婚しても
旦那さんに話しをすれば、十分理解して、
終身保険を続けてもらえます。

 

 

若い人の終身保険には
こんな利用方法もあるのです。

 

一番利回り良く教育資金をため、
かつ死亡保障も準備できるのは
利回りが良い終身保険です。

 

 

こんな終身保険に加入したいと思いませんか?

 

自分で10社の保険プランを
比較検討するのは大変です。
プロのファイナンシャルプランナーに
無料相談するのがてっとり早いです。

 

自分で保障と保険料比較するのは、
大変な作業になりますから無理です。

 

信頼できるファイナンシャルプランナーに
試算を依頼するのをお勧めいたします。

 

 

あなたがファイナンシャルプランナーを
選べる会社
保険の見直しコチラから

 

まとめ

 

31歳の独身女性には死亡保険はいらない?

 

その通りです。

 

せめて、
後始末代200万円の終身保険に加入しましょう。

 

31歳の独身女性は
乳がん、子宮頸がんにかかりやすい年齢です。

 

ガン保険か
医療保険にガン特約を上乗せして、
ガンに対する備えを充実しましょう。