google-site-verification: google72f10b7e604cc6ea.html

減額更新 期間短縮更新 保険料 安く

スポンサードリンク

減額更新や期間短縮で保険料は安く出来る

保険の見直し

 

更新時期になると、
生命保険のセールスから
「説明にお伺いいたします」
案内が来ます。

 

仕事が忙しくて
面談できないで時期が過ぎると、
自動更新されてしまいます。

 

あなたは何をどうすればいいのか?
説明します。

 

 

更新の方法 減額更新と期間短縮

 

更新には

  • 自動更新、
  • 減額更新、
  • 期間短縮更新

などがあります。

 

自動更新は
保障額・保障内容を変えず、
そのまま更新します。

 

自動更新では
保険料が高くなりますので
安く抑える方法をまとめました。

 

減額更新 とは

 

減額更新は
保障額を減額して更新します。

 

保険の見直し

 

お子様の扶養が必要な時、
例えば、
扶養のお子様が1人で高三年生、
死亡保障額が2000万円位は必要です。

 

5年後、
お子様が社会人になれば
死亡保障額が2000万円➡0円になります。

 

 

私は日頃から
「保険は必要なだけ加入すればいいですよ」
「人ってそんなに亡くならないですよ」
とお話させて頂きました。

 

必要額に応じて減額更新しましょう。

 

そのまま更新する場合と比較して
減額になる分安くなります。

 

被保険者の年齢が高いほど
減額効果はあります。

 

減額更新のやり方

 

具体的に検討します。

 

30年払込10年更新、
被保険者:25歳の場合

 

保険の見直し

 

最初の10年間(25歳~35歳)は
保険料が10,000円、

 

次の10年間(35歳~45歳)は
保険料が15,000円、

 

最終の10年間(45歳~55歳)は
保険料が30,000円、

 

最初の更新時は
給料もそれなりに増えていたので
スンナリ更新していただけました。

 

2度目の更新時には、
お子様の教育にお金がかかり
保険料を2倍にするなんて
お勧めできませんでした

 

私の現役中は
このような例がたくさんありました。

 

更新 期間短縮する方法

 

期間短縮は
子どさんがあと2年で社会人になるなど
保障期間が短くても良い場合は
特約の更新期間を10年→5年に変更します。

 

保険の見直し

 

この手続きも
年齢が高い人ほど効果があり、
保険料を安く出来ます。

 

 

保険の見直し健康状態によっては
不利になる場合があります。

 

一般的には、
生活習慣病のような
加齢にとともに増加する病気など、

 

ここでは全ての病気について
どうすればお得か?
記述できません。

 

 

持病を治療中の人は、
現在の担当者の意見を聞く前に
中立的判断の出来るFPに
相談するのも良いですよ。

 

現在の担当者に聞くと
自分の会社の保険のなかで
一番良い方法を提示
してくれるだけです。

 

よその会社に良い保険があると知っていても
よその会社の保険は販売できないからです。

 

まとめ

 

更新には

  • 自動更新、
  • 減額更新、
  • 期間短縮更新

などがあります。

 

減額更新

 

お子さまが就職されて扶養の必要がなくなれば、
親の死亡保障=死亡保険金は減額しましょう。

 

この更新方法が減額更新です。

 

期間短縮

 

末のお子さまが大学3年生になったら、
あと2年で就職して自立します。

 

親の扶養もあと2年と決まったら、
更新期間を10年から5年に変更して更新します。

 

この更新方法が期間短縮更新です。

 

減額更新や期間短縮更新を利用して
更新すれば保険料の節約ができます。

 

中立的な立場で相談に乗ってくれるのは、
複数の保険会社の生命保険を
取り扱えるFP
だけなんです。

 

まずは、
FPに無料相談してそれから考えましょう。