google-site-verification: google72f10b7e604cc6ea.html

保険料 払込期間

保険料払込期間を決める!働く期間と保険料支払期間

保険の見直し
生命保険の見直しには、
保険料がいつまで支払えるか
検討することは必要です。

 

保険料の支払い方法には
どのような方法があるか説明します。

 

 

保険期間と保険料払込期間

 

生命保険の契約者が
保険料を支払う期間が、
保険料払込期間です。

 

全期払いとは

 

保険期間の全期にわたり保険料を支払うのが全期払いです。

 

保険期間が30年満期の契約は、
30年間保険料を支払います。

 

保険期間が30年満了の契約は、
30年間保険料を支払います。

 

保険期間が終身の契約は、
終身(お亡くなりになるまで)保険料を支払います。

 

短期払いとは 仕組み

 

全期払いに対して
短期払いがあります。

 

保険期間が30年の契約であっても
保険料の支払いを15年と短くできます。

 

15年払込満了30年満期の
養老保険などと呼びます。

 

15年間保険料を支払えば、
残りの15年はタダで保障されます。
最後は掛けた保険料が満額戻ります。

などと、セールスしました。

 

最初の15年分の保険料を運用し、
残りの15年分の保険料が賄えました。
予定利率が高いころにはよく売れました

 

現在では考えられない商品です。

 

短期払い 種類

 

短期払いには、

  • 年払込満了
  • 歳払込満了

などがあります。

 

生命保険で終身払いというのは、
保険料を一生とは、

  • 亡くなるまで
  • 解約するまで

払い続けるという意味になります。

 

保険料の支払い期間は 退職まで

 

保険料払込期間は負担感が少ない
現役期間中に払い終わる
ように設計します。

 

保険期間が退職年齢より長い場合には
短期払いを選択します。

 

たとえば、
終身払終身保険などは
65歳払込満了終身保険などに変更します。

 

65歳払込満了終身保険では保険料が高い場合には
70歳払込満了終身保険に変更してください。

 

そして、
66歳から70歳の保険料は退職金で
65歳退職時にまとめて支払います。

 

保険料払込期間は、
保障期間とは別に考えます。

 

支払える期間=働く期間と考えて設計する必要があります。

 

保険料を前払い 前納

 

まとめて先払いすることを、
前納といいます。

 

残り全期間の前納は
全期前納と呼びます。

 

前納保険料は割引になります。
銀行の定期預金より利率は良いですね。

 

加入した時に全部払う
一時払いとは異なります。

 

払込期間と累計支払総額

 

支払い総額は、

  • 一時払い、
  • 前納、
  • 年払い、
  • 半年払い、
  • 月払い

の順に高くなります。

 

一時払いは特殊ですから
無い商品もあります。

 

団体割引ができる企業にお勤めの人は
月払で給与天引きがお得です。

 

それ以外の人は
最初の年は貯金を取り崩して年払いにし、
同時に保険料相当額を貯金して置いて
2年目の年払い保険料に充当する。

 

この方法がお得だと思います。

 

まとめ

 

支払期間や保障期間どうするか?

 

ライフプランを作成して検討する。
目で見て確かめられるのでお勧めします。

 

自分で考えて決まらない場合は
保険の無料相談窓口で相談しましょう。

 

 

~~~ 広告 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

 

「資産運用の基本」について、無料で学べるセミナーは「お金の教養講座」です。
>>お金の教養講座

 

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~