google-site-verification: google72f10b7e604cc6ea.html

保険料が払えない 延長保険は 今の保障額を継続!

スポンサードリンク

保険料が払えない 延長保険は 今の保障額を継続!

保険の見直し

 

 

延長保険とは、
保険料の払込を中止して、
その解約返戻金で
保障額が同じ保険を買う方法です。

 

延長保険はどんなときに利用すると良いか?

 

延長保険の

  • 仕組み
  • 手続き方法
  • 元に戻す(復旧)

を説明します。

 

 

延長保険保険の仕組み

 

延長保険は、

  • 保険料の払込を中止する
  • 解約返戻金で保障額が同じ保険を買う

方法です。

 

延長保険に変更すると、多くの場合は

  • 保険期間は短くなる
  • 入院などの特約はなくなる

死亡保障だけが残ります。

 

定期保険に変更すると考えるといいでしょう。

 

加入後、短期間でも延長保険に変更できます

 

満期が近い保険は、
延長保険に変更しても満期金が受け取れます

 

延長保険に変更しても満期金が受け取れる場合
養老保険に変更すると考えると理解できます。

 

延長保険保険の手続き

 

Aさんは末子が大学入学したので、
死亡保障があと4年~5年あればいい人でした。

 

お子さまの大学生活には
仕送りまで含めると1000万円掛かります。

 

仕送りだけでも大変なのに、
その上に高額な保険料は払えません

 

定年に近く、
退職金が入るから満期保険金はいらない

 

Aさんの希望をまとめると

  • 死亡保障は5年間
  • 保険料(高額)は支払いたくない
  • 満期保険金はいらない

でした。

 

Aさんの希望を入れて、
私が出した生命保険プランは以下になります。

 

現在は月払保険料25,000円の定期特約付終身に加入しています。

 

延長保険に変更 試算する

 

まず、Aさんの希望は

  • 高額保険料を支払いたくない
  • 満期保険金はいらない
でした。

 

Aさんの希望から、
現在の定期特約付終身を
延長保険に変更できるか試算します。

 

死亡保険金は現在と同額で7年継続できると試算出来ました。

 

延長保険に変更 手続き

 

定期特約付終身保険を延長保険に変更すると、
全部の特約がなくなります。

 

定年退職が近いAさんには医療保障がますます必要です。

 

保険の見直し
医療保険にがん特約などを付加して新規に加入して頂きました。

 

保険の見直し
医療保険に加入出来たのを確認します。
それから加入中の生命保険は延長保険に変更手続しました。

 

延長保険は7年継続できると試算出来ました。

 

Aさんはお子さまが卒業するまで死亡保障が必要です。

 

Aさんに万一があっても退職金が支払われます。
死亡保障は退職金を充当する考えでした。

 

ですから、
お子さまのが卒業されたら、延長保険は解約します。
延長保険は途中解約すると解約返戻金があります

 

延長保険に変更後 元に戻したい

 

変更後3年以内ならば
元に戻せること(復旧)もあります。

 

未払い期間の保険料の支払いが必要です。

 

同時に、
健康告知が必要になるため
必ず復旧できるとは言えません

 

 

私は延長保険を、
復旧するようにお勧めしたことはありません。

 

延長保険の復旧はあなたにとって
どんなメリットがあるか?今一つ分かりません。

 

最近発売されている保険に新規加入した方が、
特約などを付加しても安い場合が多いからです。

 

実際に比較してみないとどちらが良いか分かりません。
FPに依頼して比較して貰いましょう。

 

 

延長保険に変更 ダメ

 

延長保険にも変更できなかった。

 

 

加入する時はあんなに親切だったセールスが
「会社の規定で、基準未達で変更できません」
と、冷たく返答します。

 

最後の方法が解約です。

 

解約するときは、
次の保険に加入して
保険証券が届いてから
解約手続をしましょう。

 

詳しい説明は、
解約は次の証券が届くまで待ってから!を読んでください。

 

まとめ

 

延長保険のメリットは

  • 保険料の支払いが不要
  • 死亡保障は現在と同額

です。

 

末子が大学生になる親御さんには
延長保険は検討したいですね。

 

延長保険に変更する前に、
現在加入中の特約部分は
医療保険・ガン保険に加入しておきましょう。

 

お子さまのが卒業されたら、延長保険は解約します。
延長保険は途中解約すると解約返戻金があります

 

 

自分で考えて分からないときは、
FPに無料相談を依頼しましょう。

 

あなたの場合はショップ型の無料相談窓口がおすすめです。
詳細は、
ショップ型保険窓口ランキング1位は保険見直し本舗を読んでください。