google-site-verification: google72f10b7e604cc6ea.html

サラリーマンの生命保険料控除は年末調整時に申告

サラリーマンの生命保険料控除は年末調整時に申告

保険の見直し

 

サラリーマンの人が年末に
”生命保険料の控除証明書”はどこにあるの?

 

とか騒いでいますけど
どれだけ税金が安くなるか知ってますか?

 

 

生命保険料控除の基本

 

生命保険料控除の基本を説明します。

 

1月1日~12月31日までに払い込んだ生命保険料に応じて、
一定額を所得から差し引くことにより、
所得税(今年)や住民税(来年)の負担が軽減されます。

 

 

月払いで生命保険料を払っている人には,
10月に〇〇年分生命保険料控除証明書が郵送されます。

 

 

何故か2つの金額が記入されていますが
年間〇〇保険料」の金額を年末調整(確定申告)に記入してください。
少ない方の金額は9月までの小計保険料です。

 

会社員・公務員の方は年末調整時に申告します

 

会社員・公務員の方は
勤務先で一斉に”年末調整の”用紙が配られて
勤務先でマトメテ申告してくれます。

 

給与天引きの人は記入してある

 

団体契約の生命保険に加入されていると
生命保険料控除の欄にも予め印字されていて
確認するだけの勤務先もあるかと思います。

 

口座振替やクレジットカード決済の人

 

団体で加入していない方は
保険会社から送られてきた
証明書の通り記入しましょう。

 

 

平成24年から生命保険料控除制度が変わっています!

 

平成23年12月31日まで
に結んだ契約は、以前と変わりません。
(以下・旧制度といいます)

 

但し注意していただきたいのは、
平成24年以降に
転換や更新、特約の中途付加等をすると、
以後、契約全体の保険料が新制度の対象になります。

 

 

旧制度では
「一般生命保険料控除」と「個人年金保険料控除」
2つの控除分類があります。

 

現在でも平成23年12月31日までに結んだ契約は、
旧制度で生命保険料控除がうけられます。

 

 

旧制度の適用限度額は、「一般生命保険料控除」「個人年金保険料控除」
それぞれ、所得税で5万円、住民税で3.5万円です。

 

2つの控除を合計した場合の限度額は、
所得税で10万円、住民税で7万円です。

 

まとめ

 

自分では区別できないと思いますので
生命保険料控除証明書に印字されている
「適用制度」に注目しましょう。

 

生命保険料控除証明書に
印字されている通りに記入してください。