google-site-verification: google72f10b7e604cc6ea.html

学資保険 破たん インフレ 解約

学資保険は難しい!生命保険会社が破たんしても補償!

保険の見直し
専門家プロファイルに、こんな質問がありました。

 

もうすぐ出産を控えている主婦です。
子供の学資保険や、主人の生命保険の加入を検討しています。

 

しかし主人は一型糖尿病で、加入できる保険がなかったり、
死亡保障金額も少ないものばかりです。

 

まず、学資保険は主人名義で入れるものはあるのでしょうか?
もし加入できない場合、主婦の私名義でも学資保険に加入すべきでしょうか?

 

 

それにFP(ファイナンシャルプランナー)が答えていますが、
私とアドバイスが違っているので比較してみたいと思います。

 

 

保険会社が破綻、インフレ、解約の対処方法

 

FPの答えは以下の内容です。
保険で貯蓄することのデメリットは以下の3点です。

 

  1. 保険会社が破たんした場合
  2. 日本経済がインフレになった場合
  3. 途中解約せざるをえない場合

 

これらの理由は以下です。

 

保険会社が破たんした場合 保証はない?ある?

 

FPのこたえは、
保険会社が破たんした場合の解約返戻金の保証はありません。

 

何を勘違いしているか私には理解できません。
保険セールスの基本知識が正しくありません。

 

詳しくは、
生命保険契約者保護機構ホームページhttp://www.seihohogo.jpから
生命保険契約者保護制度http://www.seihohogo.jp/pdf/pamphlet.pdfを引用させていただきます

 

生命保険契約者保護機構とは  保護機構は、保険業法に基づいて1998年12月1日に 設立・事業開始した法人であり、国内で事業を行う全て の生命保険会社が会員として加入しています(会員 となっている生命保険会社の一覧は、保護機構のホーム ページに掲載しております)。  保護機構は、生命保険会社の保険契約者のための相互 援助制度として、万一、生命保険会社が破綻した場合に は、破綻保険会社の保険契約の移転等における資金援 助、補償対象保険金の支払に係る資金援助等を行います。  また、生命保険会社の更生手続においては、更生管財 人が作成した更生計画案の決議を行う関係人集会等にお ける議決権行使等(*)、更生手続における保険契約者の 一切の手続を代理します。

 

簡単に、私なりに説明します。

 

もしも、生命保険会社が破たんしたら、契約はどうなるの?

 

全額ではありませんが保護されます。
生命保険契約者保護機構によって、契約は継続されます。

安心してください。

 

1997年から2000年に破綻した生命保険会社は他社に引き継がれました。

 

  • 日産生命 →(あおば生命)
  • 東邦生命 →(GEエジソン生命)
  • 第百生命 →(マニュアルライフ)
  • 大正生命 →(あざみ生命)
  • 千代田生命→(AIGスター生命)
  • 協栄生命 →(ジブラルタ生命)
  • 東京生命  →(T&Dフィナンシャル生命)

()内は引き継いだ会社です。

 

破たんした場合は、
保険金・年金・給付金当の支払いが一時凍結したり、
支払いの減額がされることがあります。

 

予定利率も引き下げられました。

 

契約条件変更後は早期解約控除が設定されることもありました。

 

しかし、満期まで継続されると損はなかったように記憶しています。

 

私が所属していた会社は破たんしませんでしたから、詳細には覚えていません。

 

全く無傷で継続はできないかもしれませんが
保証はありません
なんてことはありませんから安心してください。

 

FPでも保険の販売資格を持っていない人もいます。
全て間違っている訳ではありませんが、大分誤解をしていますね。

 

 

インフレに弱い学資保険

 

学資保険などの貯蓄型保険は長期契約のため、
市場金利がアップすると、
解約返戻金の価値が下がります。

 

つまり、インフレに非常に弱い金融商品となります。

 

回答しているFPは
若いから知らないのかもしれません。

 

FPの回答。
2は、貯蓄型保険は長期契約のため、市場金利がアップすると、

解約返戻金の価値が下がります
つまり、インフレに非常に弱い金融商品となります。

 

満期時配当、満期後配当、消滅時特別配当がつく

 

一面から考えますと
保険はインフレに弱い商品であると言えます。

 

満期時配当、
満期後配当、
消滅時特別配当
出る会社があるのだけれど…

 

私が手続をしていた1980年頃に30年満期を迎えた契約は、

 

満期保険金100万円プラス
満期時配当金+満期後配当金+消滅時特別配当金
を、合計して160万円の満期金が受け取れました。

 

インフレに対応するのであれば
無配当の商品を選択しないで、
有配当の商品を選択することも出来ますよ

有配当ならば、
インフレ時には上記配当があります。

 

保険料を掛けている時には、
インフレで毎月の保険料の負担感が減れば
満期保険金を増額することも可能です。

 

 

途中解約せざるをえない場合は損!

 

FPの回答。
3は、最終まで払い込んでしまえれば、なくなるリスクですが、
もし途中で払い込みができなくなった場合は、元本割れになります。

 

学資保険は単純な貯蓄ではありません。
ほとんどの生命保険会社は元本割れをします

 

一番簡単な保険を考えてみます。

  • 18歳(22歳)時に満期金がある。
  • 契約者死亡の場合は払込免除になる。
  • 被保険者死亡の場合は既払い保険料相当額の

    死亡保険金がある。

 

満期保険金200万円とすれば
契約者を被保険者として200万円の定期保険に加入する。

 

18年間で200万円貯める。
手段は別途考える。

 

被保険者(こども)が死亡しても保険金は不要。

 

 

このように保険を分解して考えれば
学資保険も理解されやすくなるのではないでしょうか?

 

学資保険には払込免除と育英年金がある

 

他にも覚えていて欲しいことは、
学資保険には
契約者が死亡または高度障害状態になった場合
払込免除の規定がありますし、
契約によっては、
育英年金が支給される契約もあります。

 

それよりも、
保険の見直し貯金は三角、保険は四角
という諺?があります。

 

何かあった時に、
必要な金額(大金)を
毎月の保険料(少額)で
用意できるのが保険です。

 

学資保険は単純な貯蓄ではありません。

 

先ず加入しましょう。そして、インフレで目減りしてから対策を考えましょう。

 

 

糖尿病でも、しっかり保険に入りましょう

 

FPの回答。
実は、生の現金ほど強い保険はありません。

 

そんなユウチョなことを言ってはおられない状態なんです。

 

主人は一型糖尿病で、
加入できる保険がなかったり、
死亡保障金額も少ないものばかりです。

 

こんな人こそ保険に加入するべきです。

 

糖尿病の既往症があっても入れる保険はありますし、
1社では保障額も少ないでしょうが、
数社に加入すれば金額も増やせます

 

 

病状が分かりませんのでハッキリしたことは言えませんが、
告知タイプの保険しか選択をしていませんか?

 

診査医で健診してもらうタイプの保険に挑戦してみませんか?
保険料割増しで引き受けてくれる会社があるかもしれませんよ!

 

 

あなたが加入するにはFPの助けが必要です。
セールスに病状を詳細に話して相談してみましょう。
糖尿病の既往症があっても入れる保険はありますよ!

 

扶養している人が加入するのが保険の基本です

 

質問者。
もし加入できない場合、
主婦の私名義でも学資保険に加入すべきでしょうか?

 

 

毎月お給料を持ってくる人(扶養)が
保険に加入するのが基本です

 

 

「主婦の私」たぶん扶養されている期間だから、
学資保険に加入する意味がありません。

 

今は
条件付きになっても良いから医療保険をお勧めします。
妊娠・出産に伴う病気は保障されませんが、
その他の病気が見つかることが良くあります。

 

無事お産がすみましたら
その保険は不利だから解約して
無条件で入れる保障に入り直してください。

 

自分で検討しても分らない時はプロに相談するといいですよ。

 

保険の見直し無料の保険相談窓口はこちらを見て参考にしてください