google-site-verification: google72f10b7e604cc6ea.html

離婚 受取人 住所変更 口座変更

離婚する時までに、変更手続きを終了しましょう

保険の見直し
離婚をする際には、
生命保険の名義変更などは特に注意が必要です。

 

どんなことに注意したほうが良いか説明します。

 

 

離婚前までに変更

 

離婚すると決まってからでは心の葛藤があって、
いろいろな手続きが上手くゆかない場合もあります。

 

その一つに生命保険があります。

 

本人・妻型の契約はダメ

 

例えば、
こんな契約がありませんか?

 

契約者  
被保険者  
特約の型 本人・ 戸籍上の妻にしか保障はありません

 

妻の体調が悪くなって離婚された場合などは、
離婚後に入院されても保障が無くなります。

 

困りますよね!

 

保険の見直し
生命保険は健康状態で加入出来ない時もあります。

 

できれば健康な時に、
主婦の生命保険も被保険者が妻・本人
準備しておきたいですね。

 

妻とは戸籍上の妻しか認められない

 

医療保険の夫婦型
年金保険の夫婦連生年金などは、
離婚前に協議しておきましょう。

 

これらの生命保険は
戸籍上の妻にしか適用されません。

 

離婚前に協議しましょう。

 

可能であれば、
妻の分は妻を被保険者として加入するのが大事ですね。

 

生命保険料控除を使っていたら

 

生命保険料控除が
利用できるからという理由だけで
契約者=夫にしていませんか?

 

 

  変更・前 希望の変更
契約者
被保険者  
年金受取人 被保険者  

 

年金保険は解約返戻金が貯まりますよね!

 

年金受取人が妻であれば、
離婚してからでも受け取れると思っていませんか?

 

 

たしかに、保険料払込期間満了すれば
年金受取人(妻)が年金として受け取れます。

 

現実的に考えれば、
離婚した妻のために前夫が年金保険を払い続けるでしょうか?

 

払いませんよね!

 

たくさん貯まった解約返戻金は
夫のもの?
妻のもの?

 

どっちでしょうか?

 

保険料払込中の

  • 契約者変更
  • 解約手続

契約者しかできません

 

妻=被保険者には
契約者変更や解約の手続きはできません。

 

解決方法は、
離婚する前に話し合いをして
契約者変更か解約手続を
済ませておきたいですね。

 

死亡保険金は子供だけに残したい!

 

「離婚した妻には保険金は渡さない」
と考えていますか?

 

逆も考えられますよ。

 

  離婚前 離婚後
契約者
被保険者
死亡保険金受取人 子供

 

確かに死亡保険金の受取人は
子供に変更できました。

 

実務上は、
未婚の未成年者は
親権者が手続きをして
親権者の口座に
死亡保険金が振り込まれます

 

子供に残したはずなのに?

 

未成年の子どもの受け取りは親権者(妻)が手続きをします。

 

住所変更、口座変更は忘れずに

 

住所変更は、
生命保険会社のコールセンターに
電話を掛けるだけで済みます。

 

口座の変更やキャッシュカードの変更などは
専用の用紙が必要だったり、
締め切り日などにも注意が必要です。

 

分からないときはプロに相談する

 

自分で考えてもよく分からない場合は、
ベテランのFPに無料相談しましょう。

 

日本ファイナンシャルプランナー協会の会員倫理規程の5条には
「会員は、ファイナンシャル・プランニングの
業務上知り得た顧客の秘密を守り、
節度のある行動をとらなければならない。」
と規程されています。

 

あなたの離婚について、財産などは絶対他言は禁止されています。

 

あなたも安心して相談できます。

 

まとめ

 

離婚をすると決めたら、
生命保険をどうするか相談しましょう。

 

子どもが受取人の場合は親権者が受け取ります。

 

自分で思っていることと、
生命保険の実務が異なることがあります。

 

プライバシーに気を付けてくれるFPに相談できるといいですね。