google-site-verification: google72f10b7e604cc6ea.html

祝金 生存給付金 解約返戻金 税金

祝金・生存給付金や解約返戻金にも税金がかかる?

保険の見直し

 

  • 祝金
  • 生存給付金
  • 解約返戻金

は、所得税・住民税の対象になります。

 

祝金・生存給付金や解約返戻金の支払通知書は必ず保管して、
疑問がある場合は生命保険会社に問い合わせましょう。

 

以下の知識があれば、
解約返戻金・祝金・生存給付金の税金で困ることが無いでしょう。

 

 

 

祝金・生存給付金,解約返戻金は確定申告

 

  • 利回りが良くない
  • 払い込んだ保険料は控除

祝金・生存給付金,解約返戻金を受け取っても、
税額はゼロの場合が多いと言えます。

 

祝金・生存給付金の確定申告

 

祝金・生存給付金一時所得として
申告の必要があります。

 

一時所得は掛かった費用(保険料)を
祝金・生存給付金から差し引いて計算します。

 

通常は保険料の方が多くなります。
所得税・住民税は掛かりません

 

据置いた祝金・生存給付金

 

預金金利が良くないので、
祝金・生存給付金を受け取らずに据え置きにできます。

 

据え置いた時には税金はかかりません。

 

据え置いた祝金・生存給付金を引き出した時に一時所得となります。

 

引き出した時には課税されません。

 

払込が免除されている祝金・生存給付金

 

子ども保険で保険料が払込免除になっている契約は
祝金・生存給付金を受け取ったら一時所得として申告が必要です。

 

自分で調べても分からない時は、
あなたが加入している生命保険会社のコールセンターに問い合わせましょう。

 

解約返戻金の確定申告

 

解約返戻金>既払い保険料の時には
必ず所得の申告が必要です。

 

申告をしない場合は、
一時所得の控除が受けられませんから
税額が0円でも確定申告しましょう。

 

解約返戻金に延滞税?

 

私のお客様ではないのですが、
実際にあった例を説明します。

 

満期保険金で延滞税がとられた

 

前年の夏に満期保険金を受け取りました。
翌年2月16日~3月15日が確定申告です。

 

大した金額ではないので気にもかけていませんでした。

 

6月頃に税務署から連絡があり、
延滞税を含めて払い込みが必要になりました。

 

 

100万円を超える支払いは、
保険会社から税務署に支払を通知するので
無視せずに確定申告をしましょう。

 

最近の税務署は親切です。
必要のない申告はさせません。

 

私が現役の時には、
エリアの税務署に行って聞いてきました。

 

面倒がらずに教えてくれましたよ。

 

 

解約した時と確定申告の時期がずれる

 

解約返戻金を貰った時期と確定申告の時期が
ずれているので注意が必要です。

 

確定申告は
翌年の2月16日から3月15日までです。

 

確定申告が終わるまで、
解約返戻金の計算書など生命保険会社から来た書類一式は
キチンと保管しておいてください。

 

 

税務調査は5年遡れますから、
保険会社からお金を貰った場合は7年間書類は保管しておきましょう。

 

解約返戻金でも確定申告不要?

 

ただ、例外があります。
一時払いで保険料を支払った場合は、
解約時期が5年以内と5年超とでは
申告の有無が変わりますから、注意が必要です。

 

 

契約後 5年以内の解約

 

5年以内に解約して返戻金>保険料の場合には
20.315%源泉分離課税になります。
(所得税及び復興特別所得税15.315%、地方税5%)

平成25年1月1日から平成49年12月31日まで復興特別所得税が課税されます。

 

ただし、
生命保険会社が源泉徴収して返戻しますから
所得の申告は必要ありません。

 

あなたが注意したいのは、次の場合です。

 

 

契約後 5年超の解約

 

5年以上経過した一時払い保険を解約した場合は、
次の通り計算されます。

 

 

(解約返戻金ー支払保険料ー50万円)÷2=一時所得

 

一時所得には基礎控除が50万円認められますが、
他の保険などと合算しますのでご注意が必要です。

 

一時所得には、

  • 生命保険
  • 損害保険
  • 懸賞金
  • 福引金品
  • 競馬や競輪の払戻金
  • 遺失物拾得者や埋蔵物発見者の受ける報労金等
などがあります。

 

これらも全部合算しますから、
素人考えで結論を出さずに
あなたの管轄地の税務署に相談に行きましょう。

 

相談に行く時期は、
お金を受け取った翌年の1月中が良いでしょう。

 

税務署に行くときには
税額を計算して貰うのですから、
支払い証明書など持参して下さい。

 

多めに税金が取られることはありません。

 

それよりも、
延滞税を支払うことにならないように注意してください。

 

まとめ

 

解約返戻金が支払保険料総額よりも
多い場合は一時所得になります。

 

小さい金額でも確定申告しましょう。

 

祝金・生存給付金は
保険料を控除して計算しますから、
一時所得は0円です。

 

据置いた祝金・生存給付金には
利息分は雑所得になります。