google-site-verification: google72f10b7e604cc6ea.html

リビングニーズ特約 無料 途中付加

リビングニーズ特約(余命6ヶ月)は無料で途中付加OK!

保険の見直し

 

リビングニーズ特約を請求し、
減額しても契約が継続する場合は
医療関係特約などはそのまま継続
します。

 

リビングニーズ特約を受け取るときに、
気を付けたいポイントを説明します。

 

 

リビングニーズ特約とは?

 

リビングニーズ特約が付加されていると、
被保険者が余命6ヶ月以内と診断された場合に、
死亡保険の一部(全部)を支払う特約です。

 

リビングニーズ特約は
無料で途中付加できる特約です

 

保険を見直す時には付加しましょう。

 

  • 主契約
  • 特約の満了

までに2年以上期間が残されていない
途中付加が出来ない生命保険会社が多いですよ。

 

あなたが加入されている保険会社の
お客様サービスセンターなどで確認して下さい。

 

リビングニーズ特約の特徴

 

リビングニーズ特約の保険金を受け取り人は
死亡保険金受取人ではなく被保険者です

 

お間違えなくお願いします。

 

リビングニーズ特約で請求できる金額は?

 

請求できる金額は
●死亡保険金額の範囲内
●複数の保険に加入されていても
 通算して3000万円以内です。

 

1回限りの請求になりますから、
余命宣告以上に生きられる方も多いので
いくら請求するか注意が肝要です。

 

死亡保険金の一部請求をした場合には
残りの部分については
保険料を支払わなければなりません。

 

この場合(一部請求)には
医療関係特約は継続します。

 

保険の見直し被保険者は入院が予想されるので
医療関係特約の継続は重要ポイントです。

 

 

全部請求と一部請求を図に示します

 

3000万円の死亡保険金に
加入されていた場合で検討してみます。

 

死亡保険金の全額を請求

 

保険の見直し

 

実際に支払われる金額は

  • 6か月分の保険料
  • 6か月分の利息分

を、死亡保険金3000万円から差し引いて支払われます。

 

リビングニーズ特約で全額請求した場合は

  • 入院給付金特約
  • 手術給付金特約

なども消滅します。

 

契約は請求日に消滅します。

 

 

私がおすすめしたいのは一部請求です。
理由は医療特約などが継続するからです。

 

死亡保険金の一部を請求

 

保険の見直し

 

リビングニーズ特約で2000万円を請求します。

 

細かなことですが、
リビングニーズ特約を2000万円請求しても、
実際には6か月分の保険料と利息分を差し引いた残りの金額になります。

 

 

残りの1000万円は保障が継続します。

 

1000万円分の保険料と特約の保険料は支払わなければなりません

 

余命宣告をされても、
その後何年も生きられた話はよく聞きますよね

 

がんは再発・入院・手術を繰り返します。

 

がんの入院は無制限で、お支払いします。

 

医療関係特約は、
継続しますから一部請求にしませんか?

 

私の現役中はこんな風に
おすすめしていました。

 

似たようなものにp免特約があります。

 

p免はがんと診断された以降の保険料が免除される特約です。
死亡保険金が支払われません。混同しないようにお願いします。

 

こちらも参考に
保険料払込免除特約(p免)は絶対付加しよう
読んでください。

 

 

余命6か月で亡くならなかったら 返す?

 

余命6ヶ月を越えて存命されていても、
リビングニーズ特約を請求した時点で契約は消滅しています。

 

生命保険会社から、
返還請求されることはありませんから安心して看病して下さい。

 

 

最近ではがんの宣告等が普通に行われています。

 

リビングニーズ特約が初めて付加できるようになった頃には、

被保険者本人にがん告知がされないことが多々ありました。

 

がんと知らされていない被保険者に内緒で請求書を作成し、
封筒に入れ、糊付けして保険会社に提出しました。

 

 

被保険者に代わって、
あらかじめ決めていた指定代理人によって
請求出来るのも特徴
です。

 

指定代理人請求ができるものは
初回申込時から指定しましょう。
代理人の変更は簡単な手続きです。

 

 

相続対策には受け取らない

 

リビングニーズ特約の受取人は被保険者です。

 

リビングニーズ特約を受け取って、
医療費等を払っても残金は現金(預金)として扱われます。

 

リビングニーズ特約で受け取る時は
非課税保険金
として取り扱われます。

 

残ったお金は現金ですから、
相続の「500万円×相続人数の非課税額」控除がありません。

 

とても重要です。
覚えておいてください。

 

まとめ

 

保険の見直し死亡保険金として受け取れば、
相続の非課税額500万円×相続人数の控除があります。

 

リビングニーズ特約で受け取った保険金は非課税です。
でも、全部使われないで残ったお金は現金・預金です。

 

相続の控除がありません

 

 

死亡保険金としてお受取になる場合は、
相続人が受け取られる時は
500万円×法定相続人数が
控除されて計算します

 

相続対策には、
リビングニーズ特約でお受取にならない
という判断も必要です。

 

ファイナンシャルプランナーに相談するとか
顧問税理士に相談されることをお勧めいたします。