google-site-verification: google72f10b7e604cc6ea.html

余命宣告を受けてから、加入出来る終身保険がある?

余命宣告を受けてから、加入出来る終身保険がある?

保険の見直し

 

あなたが65歳の時に余命6か月を宣告されたなら、

 

1億円の定期保険を
解約して約4,900万円を受け取ります。

 

同時に、
月払保険料約50万円を支払って、
1億円の終身保険に加入します。

 

 

告知も医師による診査もなしに
確実に加入出来る生命保険があるとしたら、
話を聞いてみたいと思いませんか?

 

 

余命宣告を受けたあなたに
家族はできることは
何でもしてあげたいと思います。

 

訪れて見たかった思い出の地や
会ってお礼を言いたい人など、
やってあげたいことは限りなくあると思います。

 

時間の制限や
お金の制限があって
気持ちはあっても出来ないのが
本音ではないでしょうか。

 

この難問を一挙に解決してくれる
生命保険プランがあるのです。

 

100歳定期から終身保険に変えられる

 

通称100歳定期保険を利用します。

 

契約形態は以下の通りにします。

 

契約者 法人
被保険者 役員
死亡保険金受取人 法人

 

余命宣告を受けたなら
定期保険を解約して、
同額の終身保険に加入します。
 
これだけで処理は終了します。

 

解約返戻金は
退職金の一部として受け取ります。

 

終身保険1億円の名義を
以下のように変更します。
 

契約者 法人→役員
被保険者 役員
死亡保険金受取人 法人→役員の相続人

 

ここでは、長くなりますので
解約返戻金、
終身保険の経理処理は
詳しく説明しませんが、
信頼できるFPに聞いて下さい。

 

さて、話は戻ります。

 

保険料は高額ですが、
余命期間は少ないので
保険料の支払期間も短いでしょう。

 

お亡くなりになれば、
間違いなく
死亡保険金1億円が支払われます。

 

解約返戻金約4,900万円を受け取って、
さらに死亡保険金1億円が受け取れる
夢のような生命保険プランの
説明を聞いてみたいと思いませんか?

 

100歳定期は資産形成と退職金準備

 

長期平準定期は
40歳の被保険者で試算した場合、

 

実効税率を考慮して返戻率を計算すれば、
45歳から95歳くらいまで
返戻率が100%を超える設計になっています。

 

もともと長期平準定期は企業家にとって、
長期にわたる死亡保障の確保ができることに加え、
資産形成が図れる生命保険です。

 

黒字決算が続く企業にとっては
一考に値する生命保険だと思います。

 

このプランは通販サイトには
記載されていません。

 

100歳定期保険は
FPにしか取り扱いが出来ません。
経験豊富なFPに取り扱いを依頼しましょう。