個人年金保険

個人年金保険

保険の見直し

個人年金保険で節税をするためには
「税制適格特約を付加」することが必要です。

 

 

1993年(平成5年)4月1日以前に予定利率が5.5%と
高利率な保険を契約された人は長く受け取る方法があります。

 

お宝年金保険で多く受け取る方法には、
保険料支払い期間から年金受取期間まで
全期間にわたり高い予定利率が適用されることを利用します。

 

 


個人年金保険記事一覧

これから少子化が進みます。公的年金を支えてくれる労働人口が減れば、あなたの公的年金が約束通りに受け取れなくなるのは目に見えています。さて、どうしましょう?個人でできる対策はないか考えてみました。style="display:block"data-ad-client="ca-pub-9562754784384857"data-ad-slot="2693422817"data-ad-format="a...

個人年金保険では、契約者と年金受取人が異なる場合は年金受け取り時(一番お金が貯まった時)に贈与税が課せられます。えっ!まさか!?本当のはなしです。贈与税を回避できる方法もあります。以下の説明を読めばスッキリしますよ。年金受取開始時に贈与税が源泉徴収年金を受け取る時になって贈与税が課せられる場合があります。年金受取人=契約者以外の場合は贈与税がかかります。贈与税(年金開始時)+所得税(毎年の雑所得)...

1996年3月以前の予定利率は3.75%で今では想像も出来ないほどの高利率です。だからお宝年金(保険)と呼ばれます。もしこのお宝保険に今から加入できるとしたら、あなたはどうしますか?加入したい?加入したくない?続きを読んだらきっと増額したくなりますよ!なんと言っても”お得”なんです。style="display:block"data-ad-client="ca-pub-95627547843848...

1996年3月以前の契約は当時の高い利回りで運用されています。あなたに必ず覚えて欲しいことは、年金開始1年前までに受取方法を変更すれば、さらに●倍お得に!なります。詳しく説明しますよ。style="display:block"data-ad-client="ca-pub-9562754784384857"data-ad-slot="2693422817"data-ad-format="auto"d...

お宝年金保険とは1993年(平成5年)4月1日以前に契約された予定利率が5.5%と高利率な保険のことです。高い予定利率は保険料払込中から年金受給中まで、全期間を通して適用されます。この記事を読んで上手に生かせれば、きっとお宝年金が増やせますよ!style="display:block"data-ad-client="ca-pub-9562754784384857"data-ad-slot="269...

「男性より女性の方が長生きよね。あなたがいなくなった後も、私が困らないようにしておいてね」自分よりはるか若い家内に言われると、グサリと心に突き刺さります。年の差がある夫婦には夫婦連生年金保険がお得!?少し詳しく調べてみました。style="display:block"data-ad-client="ca-pub-9562754784384857"data-ad-slot="2693422817"d...