google-site-verification: google72f10b7e604cc6ea.html

お宝年金保険 受取開始 1年前

お宝年金保険は年金受取開始1年前までに見直しましょう

保険の見直し

 

お宝年金保険とは1993年(平成5年)4月1日以前に
契約された予定利率が5.5%と高利率な保険のことです。

 

高い予定利率は
保険料払込中から年金受給中まで、
全期間を通して適用されます。

 

さらに、詳しく説明します。

 

 

年金保険の仕組み

 

年金保険とは60歳又は65歳まで
保険料を支払い、払込満了後は
年金式に受け取る仕組みの生命保険です。

 

年金の種類

 

年金の受取方法は

  • 一時金
  • 確定年金(10年・15年など)
  • 10年確定終身年金
  • 終身年金
  • 夫婦連生年金

などです。

 

会社によって受取方式が
決まっていますから注意しましょう。

 

 

お宝年金は年金開始後も高利回りです

 

年金保険の予定利率は、
契約期間中に変更されることはありません

 

保険料払込中の利率が5.5%ならば、
年金受給中の利率も5.5%です。

 

お宝予定利率で多くもらうためには

 

先ずあなたが年金保険に加入している保険会社に、
受け取る年金方法のシミュレーションを頼みましょう。

 

高利回りの年金が多くもらうためには、
お宝年金保険の見直し
をする必要があります。

 

年金開始1年以上前に
年金受取方法を変更請求すれば
どこの生命保険会社でも受け付けてくれるはずです。

 

保険の見直し年金開始後は
受取方法の変更は出来ません

 

 

お宝予定利率で「くりのべ」が裏ワザ!

 

年金開始が60歳でしたら65歳に繰り延べしましょう。
繰り延べ期間中も5.5%の利率が適用され
年金原資を大きく増加出来ます

 

私が現役中にお勧めしていた方法は、
男性の場合には80歳まで年金が受け取れる、
65歳年金開始、15年確定年金を
お勧めしていました。

 

万一、年金受給中に死亡しても
残余の年金は死亡保険金受取人(妻)に支払われます。

 

 

終身年金は年金を終身もらえて、
長生きしても安心です。

 

でも、
1回だけ受け取って亡くなった場合でも、
残余の年金という考えはありません。
もちろん、死亡保険金はありません。

 

これが終身年金の最大の欠点です。

 

確定年金と終身年金の
違いはこの点にあります。

 

10年確定年金より
10年確定終身年金では
1回の年金額が少なくなります。

 

ご自分の余命を考えて
受取総額を選ぶか
1回の受取額が多いほうが良いか
考えて選択しましょう。

 

 

夫婦連生年金に変更出来れば一番よい

 

夫が年金受給中に死亡した場合に
妻が生存中であれば、
妻が年金を終身受け取れます。

 

この年金受給方法が一番お勧めですが
一部の生命保険会社でしか選択できません。

 

これから年金保険に加入を検討している方には
夫婦連生保険が一番お勧めです。

 

 

くよくよ一人で悩むより
保険の無料相談で解決しましょう。

 

お宝年金保険は受取開始1年前までに見直し・まとめ

 

お宝年金保険は
契約期間中はずうっと高利回りです。

 

年金を多く受け取るには、
保険料払込期間を変更して、
長くしてください。

 

私がおすすめする年金受取方法は、

  • 65歳年金開始
  • 15年確定年金

です。

 

平均寿命から考えても安心です。

 

一部の生命保険会社では、
夫婦連生年金に変更できます。

 

現在では夫婦連生年金保険をおすすめします。

 

お宝年金の見直しは年金開始1年前までにしましょう

 

保険の見直し

 

1996年3月以前に加入した方は、
加入当時の高い利回りが保証されますので
受け取り方を変更することで、
受取額が増えることが期待できます。

 

保険の見直し

 

加入した時には、
「年金受取方法は
年金開始時に変更出来ます」から
「10年確定・年金受取に加入して下さい」
と、セールスしたものです。

 

今、
あなたにとって
お得な受け取り方があります。

 

でも、
定年退職した
私には手続きが出来ません。

 

 

お得な「お宝年金」の受け取り方

 

お得な受け取り方とは、
受取期間を10年から15年に延長、
ご健康ならば
15年確定終身年金に変更する
ことをお勧めします。

 

つまり、
あなたは受取期間を延長して
受取総額が増やせます。

 

あなたの加入している
生命保険会社のサービスセンターに
試算をして貰いましょう。

 

あなたが10年確定年金で加入していたら、
まず15年確定年金で試算して貰って下さい。

 

毎回の年金額は少なくなりますが
累計額で比較したらどうですか?
だいぶ多く受け取れませんか。

 

 

もう少し増やす方法は、
あなたにも協力して貰いますよ。
あなたが長生きしてください。

 

15年保証付終身年金で試算して、
お受取年額と保証期間までに
受け取れる累計額を比較してください。

 

さらに、
あなたが余命まで生存されて
15年保証付終身年金を受け取ったならば、
累計額でいくら貰えるか試算して貰います。

 

毎回の年金額は
さらに少なくなりますが
余命までの累計額では多くなりませんか?

 

あなたが早く亡くなると、
15年保証分しか貰えません。

 

あなたが生きていらしゃる期間は
終身年金が受け取れますよ。

 

あなたの協力は
長生きするだけです。

 

簡単ですね!

 

あなたが健康に自信があるなら
受取期間の長いものに変更しましょう

 

累計額では必ず多く受け取れます

 

難しい話ですが、
3利元のうち
①予定利率が高かった。
②予定死亡が早かった。
のが原因です。

 

あなたが加入している保険会社に、
年金受取の変更によって
累計受取額が変化するか試算して貰いましょう。

 

年金受取を開始してからの
変更は出来ません。

 

 

保険の見直し

 

保険の見直し
あなたがた夫婦は
年の差がいくつありますか?

 

あなたの年金保険が
夫婦連生年金に変更できれば
最高の受取方法です。

 

詳しくは→コチラから

 

年金受取中にまとまったお金が必要になった

 

人生には何が待ち受けているか分かりません。

 

年金を受取中に
まとまったお金が必要になった場合は
2通りの解決法があります。

 

  • 5年分一括受取
  • 解約

5年分一括受取は
これからの5年分を
先に受け取る方法です。

 

5年間の利息を差し引いて
一括で受け取れます。

 

金額が不足する場合は
解約しましょう。

 

一時的にお金が必要でも、
後で返済ができる場合は、

  • 定期預金の満期まち、
  • 国債の満期まち

などの場合によっては、
借り入してもお得かもしれません。

 

いったん解約すると、
お宝年金は戻せませんから、
その前にプロのFPに無料相談しましょう。