google-site-verification: google72f10b7e604cc6ea.html

年の差夫婦には夫婦連生年金保険がお得!

年の差がある夫婦には夫婦連生年金保険がお得!

保険の見直し

 

「男性より女性の方が長生きよね。
あなたがいなくなった後も、
私が困らないようにしておいてね」

 

自分よりはるか若い家内に言われると、
グサリと心に突き刺さります。

 

年の差がある夫婦には
夫婦連生年金保険がお得!?

 

少し詳しく調べてみました。

 

 

年の差がある夫婦には夫婦連生年金保険がお得!

 

リーマンショックの時に、大損をしました。

 

損を取り返そうと泥沼にはまり、
さらに傷を広げてしまった。

 

FPとして
「50歳を過ぎてからは、確実な利殖プランを選びましょう」
と、アドバイスをしていた自分が失敗をしてしまいました。

 

リタイヤしてからの損失を出すと立ち直れません。

 

年の差夫婦に最適な貯蓄は夫婦連生年金

 

リタイアーしてからの投資は確実な方を選択しましょう。

 

少しくらい金利が良くても、
大きく目減りするリスクがある方法は避けましょう

 

大きくは増やせないけれど、
夫が死亡した場合は奥様が年金を受け取れる
夫婦連生年金を検討してみました。

 

 

男性の平均寿命は79歳
女性の平均寿命は86歳です。

 

実際には、
男性は79歳になるとピタリと亡くなる訳ではなく、
79歳の余命は7.93年あります。
つまり、87歳です。

 

 

同様に、
女性の場合は平均寿命86.41歳に
余命6.95年をプラスして
94歳までを考えておきたいものです。

 

奥様が困らないように設計するためには、
94歳まで見通しておかなければなりません。

 

94歳まで奥様が
困らないように生活設計するには、
何で準備したらいいのでしょうか?

 

夫婦連生年金のおすすめポイント

 

夫婦連生年金の仕組は至って簡単です。

 

夫と妻のいずれか一方が生きている限り、
年金を受け取ることができます。

 

夫婦どちらかが先に亡くなっても、
確実に老後資金を確保
出来ます。

 

年金プランは
10年保証期間付終身年金・定額型
良いと思います。

 

年金を多く貰いたい人は!?

 

年金をより多く貰いたい人は、

  • 若いうちに加入
  • 長く保険料を払い込む

ことです。

 

年金原資(元金)が多くしないと、
たくさん年金は貰えませんよ。

 

インフレに弱い年金の解消法は有配当タイプ

 

年金はインフレに弱いといわれますが、
次の方法で弱点を解消できます。

 

有配当タイプの年金保険を選択することです。
有配当タイプの年金保険は増額年金や増加年金があります。

 

詳しくいうと、
保険料払込期間中に増加した積立配当金は,
増額年金や増加年金(※)として受け取れます
から安心です。

 

(※)増額年金や増加年金の
説明はFPにして貰いましょう。

 

夫婦連生年金の始め方

 

お子様の教育にお金の掛かる期間の人は、
夫婦連生年金は少額から始めます。

 

余裕が出てきたら増額・追加契約で、
夫婦連生年金の年金受取額を増やしましょう。

 

 

49歳までに加入しないと、
生命保険会社の規定によって、
このプランに加入出来なく
なりますのでご注意下さい

 

年の差がある夫婦には夫婦連生年金保険がお得・まとめ

 

年の差夫婦には
夫婦連生年金
準備するのがお勧めです。

 

少しでも多く年金を受け取りたいなら、
少額でもいいから早く加入することです。

 

生命保険は複利で増えます。
複利は繰り返す(年数)と大きく増えますよ。

 

 

 

ファイナンシャルプランナーに依頼すれば、
FPにキャシュフロー表を作成して貰い
2~3種類のプランを提示して貰います。

 

あなたはその中から
一番あなた似合いそうなプランを選ぶだけでいいのです。
だから安心ですね。