google-site-verification: google72f10b7e604cc6ea.html

死亡保険金受取人は手続き上、1証券ごとに1人が良い

死亡保険金受取人は手続き上、1証券ごとに1人が良い

保険の見直し

 

保険加入の時に保険のセールスは
死亡保険金受取人はどなたにしますか?

 

分らなければ

  • 後で
  • いつでも変更できますから

法定相続分で記入しましょうなどといいます。

 

本当に死亡保険金受取人は「法定相続分」で良いのでしょうか?

 

 

死亡保険金受取人は法定相続分で分割で良いか?

 

法定相続で分けるとすれば、
妻と長女、長男の3人家族では以下の割合になります。

  • 妻:5割
  • 長女:2.5割
  • 長男:2.5割

 

 

こどもが小さいうちは
これで良かったのですが、

 

子供が成人して
別所帯を持つようになると
親の気持ちも変わります。

 

 

娘は近くに嫁に行ったので
ちょくちょく老親を心配して
細かい買い物などをして訪ねてくれます。

 

他方、
息子の方は仕事が忙しいと言って
訪ねてくることもありません。
嫁も右に倣えしてサッパリ寄り付きません。

 

こうなると死亡保険金の受取割合も
変更したくなります。

 

当然、保険の見直しをして、
娘の受取割合を増やします

 

いざ死亡となれば
受取割合でもめることは必定です。

 

死亡保険金はどう受け取る?

 

保険の見直し死亡保険金受取人の実務では、
相続人の内から代表者を決めて貰い、
生命保険会社は死亡保険金・全額を
その代表者に支払います。

 

その後は、
割合に応じて
各人に分割されなくても
保険会社対応してくれません。

 

生命保険会社は
全額を支払っているからです。

 

結局、
分割割合が分かってしまい、

 

なんで長男の俺が一番少ないんだ!

 

なぜ嫁に行った姉の方が多いんだ!
と、揉める原因になります。

 

まるで争族です。

 

 

争族を避けるには 受取人は1人

 

一番良い解決方法は、
保険証券1枚に受取人1人が理想です

 

死亡保険金は
相続財産ではありませんから、

 

死亡保険金受取人が一人ならば、
コッソリ一人で手続きをすれば良いのです。

 

保険のセールスは守秘義務がありますから
兄弟姉妹から聞かれても絶対に喋れません。

 

 

今さら変更出来ないと考えている方は
プロのFPに無料相談して見て下さい。
きっと、いい答えが見つかると思いますよ。

 

(注)死亡保険金は相続財産ではありませんが、
相続税を計算する時には
「みなし相続財産」として合算されます。

 

間違いやすいですから、
一度しっかり覚えておきましょう。

 

相続税の計算は難しいですから
FPに無料相談すれば
知り合いの税理士も紹介して貰えます。