google-site-verification: google72f10b7e604cc6ea.html

内縁の妻は死亡受取人になれない|2つの裏技で解決

内縁の妻は死亡保険金の受取人になれない|2つの裏技で解決

保険の見直し

 

熟年離婚という言葉が
よく聞かれるようになりました。

 

子供たちも成人したので、
離婚をして、
新しいパートナーと暮らしたい。

 

籍を入れないパートナーは
死亡保険金受取人に指定できません。

 

どうしてでしょうか?

 

 

死亡保険金受取人は戸籍上の配偶者と子

 

新しいパートナーとは

  • 相続などの理由から
  • 子供の反対もある

ので、正式な婚姻関係を結ばない例が多いようです。

 

内縁の妻(夫)は
死亡保険金の受取人には
なれない
といいます。

 

 

生命保険契約上はどのような取り扱いになるか
検証してみたいと思います。

 

 

死亡保険金の受取人は妻か子ども

 

一般的には
夫の死亡保険金受取人は
妻と子供にします。

 

死亡保険金の受取人 離婚したら

 

離婚された場合は、
妻を受取人から外して
子供だけを受取人にして
おくことが多いですね。

 

死亡保険金の受取人 未婚の人

 

離婚して子供のいない人や未婚の人は、
「年長の兄、姉なので、
甥、姪を死亡保険金受取人に指定したい」
と希望しても、
生命保険会社は認めませんでした。

 

私の経験ですが、
兄弟が存命中は
「死亡保険金受取人は兄弟姉妹」
にするように指示をされました。

 

理由は、
モラルリスク上からだそうです。

 

さて、
新しいパートナーを
死亡保険金受取人に
指定できるでしょうか?

 

内縁の妻は死亡保険金の受取人にはできません

 

内縁の妻は死亡保険金受取人に
指定出来ません。

 

 

絶対出来ないかというと例外があります。

 

内縁の妻が死亡保険金受取人になれる例外

 

  • 2人の間に認知した子供がいる
  • 同居の事実がある

この場合は、
内縁の妻でも死亡保険金受取人に
指定できます。

 

公的年金と異なります

 

厚生年金などとは取り扱いが異なり、
扶養の事実があっても、
内縁の妻は死亡保険金受取人指定出来ません。

 

まとめ

 

熟年離婚して新しいパートナーと
同居だけに留める場合は、
内縁の妻名義で財産を残すことを考えましょう。

 

生命保険会社に所属するFPだけでは解決できません。

 

実際に金融・不動産を扱えるFPとチームを組んで
相談できるFPが理想です。

 

 

経験豊富な複数の保険会社の募集人(セールス)ならば、
受取人の指定について
各社で異なる規定を熟知しています。

 

ベテランFPに依頼すれば
あなたの期待に答えてくれるでしょう。