google-site-verification: google72f10b7e604cc6ea.html

同性カップルが死亡保険金受取人になれる生命保険会社がある

同性カップルを死亡保険金受取人に指定できる生命保険会社がある

2015.11,5、日付けの
産経ニュースよれば
同性カップルにも春が来たようだ。

 

第一生命はこれまで、
生命保険の受取人を原則として
配偶者や親、子どもなど親族に限定し、

 

同性カップルの場合は
個別に関係性を審査して
指定の可否を判断していた。

 

 

これからは、第一生命保険は
東京都渋谷区が同性カップルに発行する「パートナーシップ証明書」を提出すれば、
生命保険金の受取人に同性のパートナーを指定できるようにすると発表した。

 

 

日本生命保険が第一生命と同様の方針を既に決めたほか、
明治安田生命保険や住友生命保険など
生保各社にも指定の判断材料として検討する動きが広がっている。

 

(引用おわり) 

 

死亡保険金受取人を変更するには
契約者と被保険者の
本人の意思確認が必要です。

 

同性カップルに於いては
さらに「パートナーシップ証明書」の
提出が求められます。

 

他の地域に於いては「パートナーシップ証明書」が
発行されるのか分かりませんが、
同性カップルが死亡保険金受取人になれるよう
各生命保険会社が検討を始めたようです。

 

ただここで心配なのは、
妻や子に認められている相続税の控除などは
これからの課題のようです。

 

同性カップルにも相続人として
認められるようになるまでは、
税金対策としてカップルの名義で
貯蓄されたほうが良いようです。