google-site-verification: google72f10b7e604cc6ea.html

基礎知識や専門用語は正しく理解するために必要です

基礎知識や専門用語は正しく理解するために必要です

保険の見直し

 

”保険屋にダマされた”とかよく聞く言葉ですが、
自分の知識不足からくる誤解が大です。

 

誤解しないためには、
少しの基礎知識と専門用語を覚えましょう。

 

専門用語を使うことは、
正確に伝えるためと了解してください。

 

 

~~~ 広告 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

 

「資産運用の基本」について、無料で学べるセミナーは「お金の教養講座」です。
保険の見直し お金の教養講座

 

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

基礎知識や専門用語は正しく理解するために必要です記事一覧

最近は個人経営の代理店は合流して会社組織にして規模の拡大をしました。生命保険会社が倒産したら預金保険機構が救済することは知っています。しかし、代理店が倒産したら、今継続している保険契約はどうなるのでしょうか?預金保険機構が同じように救済してくれるのでしょうか?保険の当事者は契約者と保険会社代理店が倒産したら、自分が、今かけている保険はどうなるのでしょうか?代理店は仲立ちが業務保険契約は保険会社と契...

生命保険の基本用語を理解して生命保険のセールスと互角に話せるようになりましょう。生命保険の基本用語 10語基本用語は10語だけでも覚えましょう。契約者被保険者受取人主契約特約保険金保険料保険期間保険証券約款これだけ覚えれば十分です。それではひとつづつ説明します。契約者とは?保険契約者ともいいます。契約者(保険契約者)とは生命保険会社と生命保険の契約を結び契約上のさまざまな権利と義務を持つ人を言いま...

生命保険の基本用語は10コだけでも覚えれば、FPに無料の相談時によく理解ができます。今回はさらに20コの主な保険用語を説明します。これでFPとの会話がスムースになりますよ。生命保険の主な20コの保険用語とは主な20コの保険用語は以下になります。告知義務・告知義務違反診査支払事由給付金免責事由契約日契約応当日契約年齢責任開始日第1回保険料相当額払込期月失効解約返戻金予定利率社員配当金責任準備金保険年...

意向確認書面とは?生命保険専門用語で生命保険のセールスには、セールスが説明した保障の内容がお客様の加入したい保障内容と合っているか確認する必要があります。その際にお客様に意向確認書面にて確認していただきます。意向確認書面は「はい」「いいえ」の二社選択形式で契約者に答えていただきます。意向確認書は保険募集人の面前で、ご契約者様が記入するのが原則です。意向確認書が申込書に添付してないと、「保険の申し込...

ファイナンシャルプランナーは、中立な生命保険のプロでしょうか?知恵袋に良い質問がありました。「保険見直し本舗」や「保険市場」などありますが、そこにいるFPは、中立の立場の保険のプロではないのですか?前回知恵袋で、医療保険について質問した際、中立の立場の保険のプロなどいませんという回答があったので、気になりました。私が相談した「保険見直し本舗」のFPは、中立の立場でアドバイスします、と断言していて、...

”保険の種類はたくさんあって大変だ”と思われるかもしれませんが、実は2種類しかないんです。生存保険と死亡保険です。生存保険とは例えば10年生きていたら100万円払いますという契約です。死亡保険とはお亡くなりになった時1000万円払いますという契約です。つまり、何年間かの間に出来事が起きなかった場合支払うものと出来事が起きてしまった場合に支払われるものです。保険の種類がたくさんあるのはこの仕組みを組...

特約と言っても生命保険会社間で微妙に異なります。また、契約した時期によっても大きく異なります。”〇〇生命に騙された”など誤解が生じるもとです。生命保険は難しいというあなた。この記事を読めばあなたの悩みもスッキリ解消できますよ。特約の注意書きをよく読んでみましょう例えば、がん診断金で考えると基本は、がんと診断されたら100万円を支払います。1回だけ100万円を支払い終了100万円を支払い(5回まで)...

「基礎利益」とは一般事業会社の営業利益や、銀行の業務純益に近いものです。基礎利益とは、「利差益」「費差益」「死差益」を合計から有価証券の売却損益と臨時損益を控除したものです。これは生命保険会社が「逆ザヤ」で苦しんでいた頃に生命保険会社の本業で得る収益力を示し会社の健全性が分かり易くするために導入されました。基礎利益=費差益+死差益ー利差損で表します。利差損が3000億円発生しても費差益と死差益の合...

これから貯金をするから保険には入らなくていい。と、いう人もいますが果たして本当でしょうか?貯金は三角、保険は四角どういう意味でしょうか?貯金は三角”預貯金”は、少しづつ貯めていくので、まさかの時に、まとまったお金が貯まっていないかもしれません。図形で表すと三角形のように少しづつ貯めてゆく仕組みです。他方、生命保険はどうでしょうか?保険は四角”生命保険”は保険料を1回払っただけでもまとまったお金=保...