google-site-verification: google72f10b7e604cc6ea.html

保険用語 診査 失効 予定利率

生命保険の主な保険用語 あと20コ覚えれば完璧

 

生命保険の基本用語は10コだけでも覚えれば、
FPに無料の相談時によく理解ができます。

 

今回はさらに20コの主な保険用語を説明します。

 

これでFPとの会話がスムースになりますよ。

 

 

生命保険の主な20コの保険用語とは

 

主な20コの保険用語は以下になります。

 

  1. 告知義務・告知義務違反
  2. 診査
  3. 支払事由
  4. 給付金
  5. 免責事由
  6. 契約日
  7. 契約応当日
  8. 契約年齢
  9. 責任開始日
  10. 第1回保険料相当額
  11. 払込期月
  12. 失効
  13. 解約返戻金
  14. 予定利率
  15. 社員配当金
  16. 責任準備金
  17. 保険年度
  18. 保険金受取人
  19. 指定代理請求人
  20. 定款

 

それでは1つづつ説明します。

 

 

告知義務・告知義務違反

 

告知義務とは契約者、被保険者が
生命保険会社から質問されたことを、
ありのままに答える(記述する)ことです。

 

特に

  • 過去の病歴
  • 現在の健康状態
  • 職業内容
などは正確に記述します。

 

これらを告知義務といいます

 

告知義務違反とは

  • 過去の病歴
  • 現在の健康状態
  • 職業内容
などの事実を継げない事を言います。

 

告知は口頭で済ませられるのは社医か指定医師だけです。

 

セールスや面接士には告知の受領権がありません。
口頭で伝えるだけでは告知があったとみなされません。

 

セールスには生命保険会社に補助資料を提出して貰えます。
補助資料は人間ドックの結果報告書などの書類添付が必要です。

 

告知違反が判明すると、生命保険会社は

  • 契約の解除
  • 特約の解除

ができます。

 

告知義務違反が判明した入院給付金などの支払いはありません。

 

悪質な告知義務違反が判明した場合は、
既払い保険料の返還がありません。

 

 

診査

 

医師扱いの契約に申し込んだ場合、
社医や指定医師による問診と検診があります。

 

職場で行なう健康診断の結果を診査に代える
健康診断証明書扱いもあります。

 

 

支払事由

 

死亡保険金、入院給付金など
約款に基づいて保険金が受け取れる理由。

 

 

給付金

 

ケガや病気で入院すると入院給付金、
さらに手術をすると手術給付金、
ケガで障害給付金などがあります。

 

 

免責事由

 

約款で定める保険金などを受け取れない理由。

 

がん診断給付金などの場合、
2年経過しないうちに再発した場合は支払わない。

 

支払わ新理由が免責事由です。

 

契約日

 

本来は保障の開始日を言います。

 

初回口座引き落としなどは、
申込日と入金日に隔たりがあるため
保険期間の計算基準日としています。

 

保険に申し込みをしても今日から保障開始とならない場合があります。

 

「保障の開始はいつからですか?」

 

と、質問しましょう。

 

必ず90日の待機期間ががん保険にはありますよ。
がん保険の待期期間は覚えておきましょう。

 

契約応当日

 

毎年の契約日に対応する日を言います。

 

月ごと応当日、半年応当日があります。

 

契約年齢

 

被保険者の年齢表示には満年齢と契約年齢があります。

 

満年齢は普通に使われているいわゆる年齢です。

 

契約年齢は満年齢が6か月を超える1歳加算します。
たとえば、19歳7か月の被保険者は契約年齢が20歳になります。

 

申込みをした日と契約日が離れている場合には、
契約年齢が1歳上がるます。

 

保険の見直し保険料が高くなりますので、
加入時期は誕生日の2月前までにしましょう。

 

責任開始日

 

保障(責任)を開始する日です。

 

 

第1回保険料相当額

 

申込の時に支払う金額、
契約成立後は第1回保険料にあてられます。

 

契約が不成立の場合は返却されます。

 

 

払込期月

 

毎回の保険料を払い込む期間。

  • 年払い…契約応当日
  • 半年払い…半年ごと応当日
  • 月払い…応答月の1日から末日

があります。

 

うるう年の2月29日が契約日の人、
支払期月が土曜日、日曜日に当たる人などは、
あなたが加入している生命保険会社にお問い合わせください。

 

失効

 

保険料が払込猶予期間を過ぎても支払われずに、
生命保険契約の効力がなくなること、保障が終わること。

 

一緒に覚えておきましょう。

 

◆自動振替貸付…解約返戻金の範囲で保険料を貸し付ける制度。
貸付期間が長期になると利息がかさみます。
少額でも、利息だけでも返済可能です。

 

◆復活
失効した契約でも、
3年以内ならば契約を元に戻せます。

 

  • 告知(診査)
  • 未払込保険料

の払い込みが必要です。

 

健康状態によっては復活ができない場合があります。
既往症のある人は失効させないようにしましょう。

 

詳細は、
あなたが加入している生命保険会社に聞いてください。

 

解約返戻金

 

 

予定利率

 

 

社員配当金

 

 

責任準備金

 

 

保険年度

 

 

保険金受取人

 

 

指定代理請求人

 

 

定款

 

 

生命保険の主な保険用語・まとめ