google-site-verification: google72f10b7e604cc6ea.html

生命保険 見直す 保障額 保障期間 3年毎

生命保険を見直すポイント保障額?保障期間?3年毎!

妊娠率

 

生命保険は住宅購入についで、
人生で高い買い物だと言われています。

 

月々の生命保険の支払いだけでは,
たいした金額だと感じないですが、
何十年も支払い続けると大金に膨れ上がります。

 

 

高い買い物だからこそ、
少し見直しをすることで
大きな節約が期待できます。

 

  • 何を?
  • どんな風に?

見直しをしたら節約になるか説明します。

 

 

生命保険を見直すポイント 保障額

 

就職したときに、
生命保険に加入を勧められた人は多いでしょう。

 

就職したときに生命保険に加入した人が、
最初に保険の見直しを迫られるのは
結婚・子どもが生まれた時期でしょう。

 

子どもができた 教育資金

 

扶養家族(子ども)が出来たら
保障額は見直す必要があります。

 

共働きも珍しくなくなりましたが、
夫に万一があったら
妻の収入だけでやりくりできるでしょうか?

 

一家の大黒柱が死亡されたら
妻子が困らない金額を準備しましょう。

 

その時考慮するのは、

  • 遺族年金
  • 妻の就労
  • 住宅(持家・賃貸)

が大きな項目です。

 

簡単な必要保障額の計算式は
必要保障額(A)=現在の生活費×7割×12月×(22-末子の年齢)年

 

必要保障額(A)から

  • 遺族年金
  • 妻の収入

はマイナスできます。

 

必要保障額(A)-遺族年金ー妻の就労=必要保障額(B)

 

生活費の中には、
子どもの教育資金は入れてありませんからプラスします。

 

必要保障額(B)+教育資金=死亡保険金額

 

保険を見直す 住宅費は大金

 

生活費を計算する時に、
大きく左右される項目は住宅が賃貸?持家?かです。

 

 

住宅費が賃貸

 

家賃は月額8万円(雑費は無視)と仮定します。
末子が6歳の場合は
22歳になるまでの累計家賃を計算します。

 

8万円×12月×(22-6)年=1536万円

 

住宅費は、
お子様が22歳になるまでに
1536万円もかかります。

 

住宅費は大きい金額ですね。

 

お子様が育ちあがってからも
家賃の支払いは終わりません。

 

住宅ローンを借りたら保険を減額

 

お子様誕生をきっかけに
賃貸では狭くなり、住宅購入を決断しました。

 

住宅ローンを組んだ場合は、
団体信用生命保険特約制度に加入しますから、
契約者が死亡したらローンは保険で完済されます。

 

詳しくは【団新保険】住宅ローンを借りたら生命保険を見直すを読んでください。

 

住宅ローンを借りた時点で、
保障額を下げてもよい理由です。

 

住宅ローンを借りたら、
将来の修繕費を除き
住宅費は0円になります。

 

あなたの住宅費は

  • いつまで?
  • いくら?

必要になるのでしょうか?

 

保険を見直すためには
住宅をどうするかは大切なポイントです。

 

 

生命保険を見直すポイント 保障期間

 

保障期間を検討する場合は、
お子様は何人ほしいか?決める必要があります。

 

子どもの扶養期間は
末子が22歳になるまでだからです。

 

人生は設計図通りにはゆきませんが、
あなたの家族が理想通りの生活できるように、
生活設計をプランニングするのがFPの使命です。

 

 

保険期間 お子さまの扶養

 

お子さまの扶養期間は
末子が22歳になるまでです。

 

最近は大学院に行く人も珍しくありません。

 

大学院まで行くお子さまの扶養期間は、
大学院卒業までになるかもしれません。

 

この点は保険期間を決める重要なポイントです。

 

 

保険期間 奥様の余命まで

 

お子さまが育ちあがったら、
父の扶養期間は終わりではありません。

 

奥様が

  • 正社員
  • パート
  • 専業主婦

によって、もらえる年金額が変わります。

 

夫婦ともにお元気な期間の
キャッシュフローはいくらプラス?マイナス?
計算します。

 

夫が死亡した後の奥様だけの期間には、
キャッシュフローがいくらプラス?マイナス?
計算します。

 

キャッシュフローがマイナスになる期間を
保険期間とします。

 

実際にはFPが作成します。

 

ご自分では大きなイベント表を作成するにとどめ、
詳細はFPに依頼したほうが見落としが少ないでしょう。

 

生命保険を5年毎・3年毎 見直す

 

生命保険を5年毎に見直すのをお勧めする理由は、
人生5年たてば何らかの変化があります。

 

保険業界も5年毎位に
新商品を発売します。

 

それがどうした?

 

新商品はその時々の入院治療に合わせてあり
新技術にも対応しています。
いい例が先進医療特約をです。

 

詳しくは先進医療特約を読んでください。

 

保険の見直しは子どもに合わせ3年毎

 

私が現役中は
3年毎に保険の見直しを
していただきました。

 

保険の見直し3年毎に見直しをすると
お子様の入学に合わせられ、
教育資金の検討が楽だからです。

 

お子様のいるご家庭は
3年毎に見直しましょう。

 

保険の見直しをFPに依頼は得?

 

最近のFPは、
あなたの家族構成や就労形態などから、
キャシュフロー表を作成し
理想的な保障まで提案してくれます。

 

パソコンで簡単にできますから
餅屋は餅屋でFPに任せましょう。

 

あなたは提示されたプランの
修正を依頼するだけで良いのです。

 

FPのプランが良い点は
1社の商品だけでなく、
数社の商品を組み合わせて
あなたにピッタリのプランを作成
します。

 

  • ムリ、
  • むだ、
  • 重複

が防止できます。

 

新しい保険商品は
最新のライフスタイルにあっていて
保険料も安くなっています。

 

通販では取り扱っていない保障もありますので
一度はFPに相談してみることをお勧めいたします。

 

 

写真を見て話が合いそうな
ファイナンシャルプランナーを選択できる会社は
↓↓↓  ↓↓↓
あなたがファイナンシャルプランナーを
選べる会社
保険の見直しコチラから

 

まとめ

 

サラリーマンのキャッシュフローは
お子さまが高校から大学時代はマイナスになり、
定年までに退職金を含めてプラスになります。

 

その後の長い老後生活では
資金不足の不安がないように
年金保険や終身保険で備える人が多くなりました。